子育て支援・補助制度まとめサイト

公開日 2022年6月16日

更新日 2022年11月10日

子育て支援のカバー写真

 

ライフイベント(出生、転入など)に合わせて、必要となる手続きを洗い出せます。

詳しくは「i中野市手続きガイド」をご覧ください。

 

結婚

新婚世帯の住居費、引越費用及びリフォーム費用の一部を支給します NEW!

新婚世帯の住居費(購入費、家賃等)や引っ越し費用等を上限30万円まで補助する支援制度を新設しました。
年齢、住所、世帯収入などの要件がありますので、詳しくは「新婚世帯の住居費、引越費用及びリフォーム費用の一部を支給します」をご覧ください。

 

妊娠~出産

なかの子育て応援アプリ NEW!

2022年4月から、スマートフォンなどで使用できるアプリをスタートしました。
このアプリでは「好きなときに」「好きな場所で」「気軽に」子育て支援情報を取得することができます。
安心して出産や子育てができるよう、ぜひご活用ください。
詳しくは「なかの子育て応援アプリのご案内」をご覧ください。

 

不妊治療に対する補助制度

中野市では、不妊治療を行っている夫婦に年間30万円を限度に不妊治療に関わる医療費の一部を補助しています。
詳しくは「不妊治療補助金交付制度」をご覧ください。

 

不育症治療に対する補助制度

中野市では、不育症治療を行っている夫婦に、10万円を限度に不育症治療にかかわる医療費の一部を補助しています。
詳しくは「不育症治療補助金交付制度」をご覧ください。

 

産後ケア・産後デイケア事業

医師または助産師が認めた方を対象とし、出産後の一定期間(出産退院日から1年間のうち、入院7日間、通院7日間)、身体機能の回復や育児に対する強い不安、および、産後の経過に応じた休養や栄養管理など、必要な保健指導を受ける経費の一部を市が負担します。
利用方法や負担額など、詳しくは「産後ケア・産後デイケア事業」をご覧ください。

 

未熟児養育医療費給付金

出生時の体重が2,000g以下または強度のチアノーゼが持続していたり、異常に強い黄疸の症状を示している乳児の医療費の一部が給付されます。
詳しくは、健康づくり課保健医療推進係(TEL 0269-22-2111)までお問い合わせください。

 

乳幼児~小学生

安心子育て応援給付金給付事業 NEW!

2022年度から「安心子育て応援給付金給付事業」を開始しました。

子どもの誕生を祝う「出産祝金」と移住してきた子育て世帯の経済的負担を軽減するための
「子育て応援金」を給付します。

2歳未満の乳幼児がいる場合は、出生届や転入届の際に申請書をお渡しします。
対象となる方は子育て課へ申請してください。
詳しくは「安心子育て応援給付金」をご覧ください。

 

子育て支援センター

就学前の児童と保護者が利用できる子育て支援センターが市内には3か所あります。
センター内には、おもちゃや遊具がいっぱいあり、親子で一緒に楽しめる講座を開いています。
先輩ママや保育士さんと育児の話ができ、情報交換や悩みなども解消できる場になっています。
2022年4月1日から、北部、中央、豊田子育て支援センターの利用時間と中央子育て支援センターの
休館日が変更になりました。
北部、中央、豊田子育て支援センターの利用時間は、午前9時~正午、午後1時~5時です。
中央子育て支援センターは、日曜・祝日も開館しています。
詳しくは「子育て支援センター」をご覧ください。

 

公民館の子育て講座

中央、北部、西部、豊田の各公民館では、子育て講座や食育教室、リトミック&親子遊びなど子どもと参加できる講座を開催しています。
詳しい内容や日程等については、「各公民館のホームページ」をご覧ください。

 

ファミリー・サポート・センター

ファミリー・サポート・センターでは、「お子さんを預けたい方」と「お子さんを預けることができる方」が会員として登録し、子育ての相互支援活動(お子さんを一時的に預けたいときに、登録会員がお預かりする)が行う事業です。

利用料
1時間あたり 3歳以上児 600円
3歳未満児 700円

会員について

  • 依頼会員:生後3か月から小学校3年生までのお子さんがいる中野市在住の方
  • 提供会員:育児や保育に理解と関心があり、心身ともに健康で、中野市在住の方(会員登録にあたり、講習を受けていただきます)
  • 両方会員:依頼会員と提供会員を兼ねることができる方

事前に会員登録が必要です。
利用方法など、詳しくは「ファミリー・サポート・センター」をご覧ください。

 

子育て支援短期入所(ショートステイ)事業

児童の保護者が疾病その他の理由により家庭において児童を養育することが一時的に困難になった場合に、児童福祉施設等で児童をお預かりします。

 

市内の保育園・幼稚園など

2022年4月1日現在、公立が9園、私立が5園あります。
詳しくは「市内保育所・認定こども園・幼稚園紹介」をご覧ください。

 

一時的保育

ご家庭の理由等により断続的に家庭保育が困難となる児童を一時的にお預かりする制度です。
原則としてお預かりする児童の住所が中野市にあることが前提となります。

利用区分 利用条件 実施保育所
臨時保育 保護者の就労、職業訓練、就学、傷病等

みなみ保育園
ひらおか保育園
とよた保育園

緊急保育 保護者の疾病、看護、冠婚葬祭、事故、災害等
リフレッシュ保育 保護者の育児負担を解消することを目的とすること

実施日:月曜日~金曜日(土曜日・日曜日及び祝日、また、夏期及び年末年始等の臨時休園日は実施していません)
利用時間:午前8時30分~午後4時30分
     延長保育時間は、午後4時30分~午後6時(リフレッシュ保育は利用できません)
利用方法や利用料など、詳しくは「一時的保育について」をご覧ください。

 

休日保育

日曜日及び祝日において、主に保護者の就労などにより、家庭で保育することができない場合、保育所で児童をお預かりする制度です。

対象年齢 利用日の時点で生後6か月経過している乳児から就学前の児童
実施保育所 さくら保育園 定員 10人

実施日:日曜日及び祝日(12月29日から翌年の1月3日までを除く)
利用時間:午前8時30分~午後4時30分
     延長保育時間は、午後4時30分~午後6時00分

利用方法や利用料など、詳しくは「休日保育について」をご覧ください。

 

病児・病後児保育

児童が「病気」または「病気の回復期」で、集団保育や保護者が就労などにより家庭で保育ができない場合に児童をお預かりする制度です。
市内には病児・病後児保育施設が1か所あるほか、ひよこ保育園内で病後児保育を行っています。

利用方法や利用料など、詳しくは「病児・病後児保育について」をご覧ください。

 

小学生以上

市内の小中学校

2022年4月1日現在、小学校は7校、中学校は4校あります。
詳しくは「中野市立小中学校一覧表」をご覧ください。

 

就学援助制度

経済的理由によって就学困難と認められる児童生徒の保護者に対し、学用品費や給食費など就学にかかる費用の一部を援助する制度です。
詳しくは「就学援助制度について」をご覧ください。

 

給食費軽減

保護者の経済的負担の軽減を図る措置として、児童生徒の学校給食費を3割軽減します。
詳しくは「学校給食費の軽減を実施します」をご覧ください。

 

児童センター

小学生が、学校が終わってから安心して遊べる施設です。
午前中は、乳幼児(0歳~就学前)も利用できます。※保護者の付き添いが必要です。

名称 住所 電話番号
中野児童センター 中野市中央2-1-27 0269-26-1260
平野児童センター 中野市大字岩船43 0269-26-5219

詳しくは「児童センター・放課後児童クラブ・放課後子ども教室」をご覧ください。

 

放課後児童クラブ

保護者が就労や病気等で下校後に不在で、児童のみになる家庭(留守家庭)の小学生の児童が健全に充実した生活を送れるように設置されています。
設置されている場所は、児童センターや小学校の余裕教室など、地域によってさまざまです。
どのクラブでも学校が終わり、子どもたちが「ただいま!」と元気よく遊びに来ると、支援員が「お帰り!」と暖かく迎え、放課後の遊びのサポートなどをします。
詳しくは「児童センター・放課後児童クラブ・放課後子ども教室」をご覧ください。

 

奨学基金

学校教育法に定める大学、短期大学、高等専門学校、専修学校および高等学校に進学予定または在学している方(通信制・通信教育を除く)で、勉学に意欲があり、学業を確実に終了できる見込みのある方に奨学金を貸与(無利息)します。
詳しくは「中野市奨学基金について」をご覧ください。

 

共通

乳幼児等医療費給付金制度

0歳から中学校3年生までの児童を対象に、医療費の自己負担額を給付します。
同じ月、同じ医療機関であれば窓口での上限500円で受診することができます。
詳しくは「福祉医療費給付金制度について」をご覧ください。

 

市内医療機関一覧

北信総合病院をはじめ、市内には28の医療機関があります。
また、歯科医院は20、調剤薬局は28軒あります。
※医療機関マップ2022より
詳しくは「市内医療機関一覧」をご覧ください。

 

子ども食堂(子どもカフェ)・子どもの居場所

中野市内には、子どもが気軽に行けて地域の友達と一緒に遊んだり、大人の人と昔ながらの遊びをしたり、皆で食事をとったりする「子ども食堂」「子どもカフェ」と呼ばれる、誰もが集まり交流する「みんなの居場所」があちこち(9カ所)にあります。
皆で食事をとったり、勉強を教えてくれたり、遊びも含めた交流や、地域の人が子育ての相談にのったり、生活のアドバイスをしてくれるなど内容は様々です。
詳しくは「中野市内の子ども食堂(子どもカフェ)・子どもの居場所を紹介します」をご覧ください。

 

子ども相談

乳幼児から18歳までの子どもに関する様々な相談について、家庭児童相談員等が支援を行います。
詳しくは「子ども相談室」をご覧ください。

 

ヤングケアラー相談窓口 NEW!

子ども相談室では、子どもに関する総合的な相談窓口として、ヤングケアラーに関する相談も受け付けています。あなた自身やあなたの周りで悩んでいる人、困っている人はいませんか。一人で抱え込まずにまずはご相談ください。
詳しくは「ヤングケアラー相談窓口」をご覧ください。

 

子育て応援ガイドブック

これから出産予定の方、子育てを迎える方、慣れない土地で子育てをスタートしようとする方などのお役に立てることを願い、企画・編集し作成した冊子が「中野市子育て応援ガイドブック ひとりじゃないよ いっしょにね」です。
子育てに関する支援制度や公的サービスなど、あなたとご家族の子育てをサポートする情報を掲載しています。
詳しくは「子育て応援ガイドブック」をご覧ください。

お問い合わせ

子ども支援係
TEL:0269-22-2111(356)

ページの先頭へ