消費生活トラブル事例を漫画でご紹介!

公開日 2019年7月9日

更新日 2019年7月9日

消費生活トラブル事例

消費生活に関わるトラブルを、市内のアーティストが描く4コマ漫画でご紹介します。トラブルの被害に遭わないため、またはトラブルを解決するための手がかりとしてご活用ください。

※広報なかのに掲載された内容を掲載しています。

「簡単に高額収入は得られません!」 漫画:のい

「身に覚えのないハガキにはご注意!」 漫画:荒井瑞貴

「簡単に高額収入は得られません!」 漫画:のい

消費者トラブル事例2

アドバイス

  • 副業や投資で高額収入を得るためのノウハウなどの「情報商材」をきっかけに、ソフトウエアやコンサルティングなどの契約を結ばせるケースもあるので注意しましょう。
  • 簡単に高額収入を得られることはありません。
  • 実際にはあまり価値のない情報が高額で販売されていますが、契約前に内容を確かめることができないので、安易に信用して事業者に連絡しないようにしましょう。

「身に覚えのないハガキにはご注意!」 漫画:荒井瑞貴

消費者トラブル事例1

アドバイス

  • 架空請求は、ハガキの他にメールや電話などさまざまな方法により行われます。
  • 架空請求は、消費者の情報を完全に特定して送られているわけではありません。
  • 相手に連絡してしまうと個人情報が知られ、その情報を元に金銭を要求される可能性があります。
  • 心当たりがなければ決して相手に連絡をしてはいけません。
  • 心当たりのない請求が来た場合は、まず消費生活センターや身近な人に相談しましょう。

ご相談先一覧

  • 中野市消費生活センター(平日) ☎ (22)2201
  • 北信消費生活センター(平日)☎026-223-6777
  • 消費者ホットライン(土・日・祝日) ☎ 188(いやや)

お問い合わせ

消費生活相談係
TEL:0269-22-2201

ページの先頭へ