中野小学校旧校舎・信州中野銅石版画ミュージアム

公開日 2014年2月14日

更新日 2019年11月28日

中野小学校旧校舎・信州中野銅石版画ミュージアム

musiam
中野小学校旧校舎・信州中野銅石版画ミュージアム外観

復元された校舎内部は、民俗資料の展示、教育関係の資料室、移転復元以前の教室をそのまま残した「教室」が設けられ、1985(昭和60)年には、市の有形文化財に指定されました。

そして、1997(平成9)年に中野小学校旧校舎・信州中野銅石版画ミュージアムとして整備活用がはかられ、現在に至っています。

中野小学校旧校舎の前庭には、中野中学校校歌碑とそのメロディーが流れる施設があり、他に菊池一雄作の2体のブロンズ像と移築復元を記念した記念碑が建てられ、訪れる人々を、時代を超え、遙かな記憶、浪漫へといざなっています。

また、移築復元を記念した石碑には、次のような文が刻まれています。

「高社山を背景に建てられた新校舎は、雪深い奥信濃の風土にふさわしく、壮大であったという。以来、幾万の子供達を育み、多くの人材を輩出し、地域社会の文化の発展と、産業の振興に貢献してきた。今も、明治中期の洋風建築を代表する責重な建物として、地域のひとびとの心のよりどころとなっている。」

銅石版画は赤川勲氏から寄贈を受けたもので、平山郁夫や森田曠平など数々の著名画家の作品を展示しています。

彫刻家菊地一雄の作品も展示しています。

所在地

 中野市大字一本木479番地5(一本木公園内)

交通アクセス

自動車をご利用の方

 上信越自動車道「信州中野I.C」より車で約15分

公共交通機関をご利用の方

 長野電鉄「中野松川駅」下車 徒歩約5分

駐車場

 60台

利用案内

開館時間

 午前9時から午後5時(3月から11月)

 午前9時30分から午後4時(12月から2月)

休館日

 12月29日から1月3日

入館料(常設展観覧料)

 無料

作品展示等で施設を使用する場合

展示室使用料
3月1日から11月30日 12月1日から2月末日
午前 午後 午前 午後
200円 300円 150円 200円
room1

お問い合わせ(施設使用等)

 指定管理者事務所(一本木公園展示館内)

 電話番号:0269-23-4780

関連リンク

地図

中野小学校旧校舎・信州中野銅石版画ミュージアム

お問い合わせ

街路公園係
TEL:0269-22-2111(270)

ページの先頭へ