後期高齢者医療制度とは

公開日 2020年11月2日

更新日 2020年4月1日

75歳以上の方と、65歳から74歳で一定程度の障がいがあり認定された方が加入する医療保険制度です。

制度の運営は、長野県内のすべての市町村で構成する「長野県後期高齢者医療広域連合」が保険者として行い、市は、各種申請の受付や保険料の徴収などの業務を担当しています。

被保険者となる方

75歳以上の方

75歳の誕生日当日から被保険者となります。加入手続きは不要です。

65歳から74歳の方で一定程度の障がいがあり、加入を希望する方

加入を希望される方は、長野県後期高齢者医療広域連合の認定を受けることが必要です。

詳しくは、後期高齢者医療障がい認定申請についてをご覧ください。

被保険者証について

一人に1枚ずつカード型の被保険者証を交付します。

医療機関等を受診される際は、必ず窓口で提示してください。

被保険者証の交付

75歳の誕生日までに郵送でお送りします。

障がい認定申請された方は、長野県後期高齢者医療広域連合で認定後、郵送でお送りします。

また、住所や一部負担金の割合など、被保険者証の記載事項に変更があった場合は、新しい被保険者証を交付します。

更新時期

毎年8月1日を更新期日として、被保険者証の定期更新を行っています。

新しい被保険者証は、毎年7月中に郵送でお送りします。

保険者情報

長野県後期高齢者医療広域連合

住所 〒380-0935 長野県長野市大字中御所79番地5 NOSAI長野会館2階

電話 026-229-5320

長野県後期高齢者医療広域連合ホームページ

お問い合わせ

国保医療係
TEL:0269-22-2111(304,296)

ページの先頭へ