幼児教育・保育の無償化が2019年10月からスタートします

公開日 2019年9月10日

更新日 2019年9月10日

 2019年10月から、3歳から5歳までの幼稚園、保育所、認定こども園などを利用する子どもたちの利用料が無償化されます。

 制度の詳細は、内閣府ホームページをご覧ください。

幼児教育・保育の無償化の主な例

幼児教育・保育の無償化の主な例

無償化の対象範囲

 幼稚園・認可保育施設・認可外保育施設等を利用する次の児童が、幼児教育・保育の無償化の対象となります。

  • 3歳から5歳までの児童(満3歳になった後の4月1日から小学校入学までの3年間)
    ※幼稚園については、入園できる時期に合わせて、満3歳から無償化の対象となります。
  • 0歳から2歳までの住民税非課税世帯の児童
主として利用する施設 保育の必要性 無償化に伴う
手続きの有無
なし
(例:専業主婦(夫)世帯)
あり
(例:共働き世帯等)
無償化の対象となる範囲
幼稚園等 幼稚園
(新制度未移行)※1
月額25,700円まで無償
(預かり保育は対象外)
月額25,700円まで無償
(預かり保育は月額11,300円※4まで)
あり
認定こども園
(教育)※2
無償
(預かり保育は対象外)
無償
(預かり保育は月額11,300円※4まで)
原則なし※5
認可
保育施設

認可保育所※3

認定子ども園
(保育)※2

- 無償 なし
認可外
保育施設
企業主導型
保育事業
- 無償 あり
その他認可外
保育施設
(無償化の対象外) 月額37,000円※4まで無償 あり

※1 中野市内の新制度未移行幼稚園(令和元年9月1日現在):中野中央幼稚園

※2 中野市内の認定こども園(令和元年9月1日現在):認定こども園中野マリア幼稚園

※3 中野市内の認可保育所(令和元年9月1日現在):みなみ保育園、平野保育園、ひまわり保育園、松川保育園、さくら保育園、高丘保育園、長丘保育園、平岡保育園、たかやしろ保育園、永田保育園、豊井保育園、ひよこ保育園

※4 0歳から2歳までの住民税非課税世帯の児童の場合は、各金額(11,300円または37,000円)に5,000円を加えた額までが無償化の対象

※5 共働き世帯等で、預かり保育を利用する保護者は、「幼稚園(新制度未移行)」と同様の手続きが必要

副食費の徴収

 保育所等の給食の材料にかかる費用(給食費)については、無償化後も引き続き、保護者の皆様の負担となります。

 公立園は、副食(おかず代)分について、「副食費」として10月以降、実費負担をいただきます。

※ 私立園の給食費につきましては、園へ直接お問い合わせください。

無償化に伴う申請様式

 主として利用する施設ごとに、必要な申請様式が異なります。

主として利用する施設 申請様式
申請手続き・様式
幼稚園等 預かり保育を利用しない
  1. 中野市1号(申請書A)[PDF:398KB](必須)
預かり保育を利用する
  1. 中野市2・3号(申請書B)[PDF:915KB](必須)
  2. 中野市_就労(内定)証明書[PDF:197KB]
  3. 中野市_求職に関する申立書[PDF:86KB]
認可外保育施設
  1. 中野市2・3号(申請書B)[PDF:915KB](必須)
  2. 保育所等申込の不実施に係る理由書[PDF:65KB](必須)
  3. 中野市_就労(内定)証明書[PDF:197KB]
  4. 中野市_求職に関する申立書[PDF:86KB]
  • 現在、認可保育所に入所している児童及び認定こども園に入所している児童(教育時間を利用し、預かり保育を利用する者を除く)については、申請不要です。
  • 各申請書は、原則、利用(予定)施設を通じて中野市保育課まで提出をお願いします。
  • 「中野市_就労(内定)証明書」及び「中野市_求職に関する申立書」については、保育を必要とする理由に応じて、適宜ご利用ください。

無償化に関するチラシ

保護者向け

事業者向け

お問い合わせ

保育係
TEL:0269-22-2111(292)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

ページの先頭へ