【私の提言】市道(農道)と上信越道の交差部分の改良について

公開日 2020年11月16日

更新日 2020年11月16日

8月24日受付(手紙)

提言(概要)

上記交差部分約100メートルは位置が未確実だった為保留されたままで整備されなく狭隘のままです。
更に最近ではアスファルト舗装の剥離が進み事故の発生が懸念されます。

  • 地積者から土地の無償提供があればとの話があったようですがなぜですか?
  • 地権者が困るよりむしろ市道(農道)を利用する人が不具合を感じています。
  • 管理責任を問われないようにするべきで それには現状を再確認の上 ルールに則って設計・土地買収・改良工事をするべきです。

回答

市道(農道)と上信越道の交差部分の改良につきましては、条例の規定により、農道改良事業費の20パーセントを受益者に負担していただくことから、区と調整したいと考えておりますが、近年では農道の改良事業は行っておらず、実施については、費用対効果を考慮したうえで判断したいと考えております。
また、農道の維持修繕については、毎年各区から多くの要望があるため、緊急性及び必要性の高いところから順次修繕や改修を行っております。現状、一部舗装が傷んでいる箇所につきましては、必要な対応を行います。
地権者から無償提供の話があった場合につきましても、事業の必要性を第1に検討しており、事業実施の判断材料になる場合もありますが、ご提案のあった方法で事業を行っております。

今後も市では、農道の適正な維持管理に努めて参りますので、ご理解とご協力をお願い致します。

お問い合わせ

農政課耕地林務係 0269-22-2111(内線251,252)

ページの先頭へ