【私の提言】桜並木について

公開日 2020年11月16日

更新日 2020年11月16日

6月10日受付(手紙)

提言

中野市防災広場の東の旧中野高校の桜が無残に切られていて悲しいです。老木になったためなら、新しく苗を植えてはどうでしょうか。近隣に落ち葉の問題があったり、車の妨げにならないように切ったのなら、広場の中に桜を植えてはいかがでしょう。

市民のいこいの場になると思います。

回答

中野市防災広場の桜につきましては、令和元年12月に枯れ枝及び道路交通に支障をきたす恐れのある枝の剪定業務を実施しております。桜は長野県中野高等学校(2009年3月閉校)の頃からのものであり、現在も広場内に残しております。

防災広場は災害時は避難者の避難場所として、平時はイベントで使用するためのスペースを確保しておくという観点から、これ以上の植樹は難しい状況にあります。

今後も市では、多目的な利用が可能である防災広場の維持管理に努めて参りますので、ご理解とご協力をお願い致します。

お問い合わせ

政策情報課行政管理係 0269-22-2111(内線401)

危機管理課危機管理防災係 0269-22-2111(内線286)

ページの先頭へ