【私の提言】一本木野球場の使用について

公開日 2020年11月16日

更新日 2020年11月16日

6月9日受付(手紙)

提言

野球場使用時、車の台数が一定以上の場合は誘導員をつけるよう使用契約時に表示して欲しい。違反チーム者には罰則を与えるように。

私が会社より家に帰るとき、体育館から弓道場まで片側全道に車が駐車しており片側一車線になり、野球を終えた車が私の車に立ち寄り「どけ」と声をあげられ車をよけてから家に着くのに30分もかかった。
上記と同じく会社から帰る際に駐車場から一時停止もしないで出てきて衝突しそうになり、注意したら腕をサイドミラーに当て逃げて行った。

その他苦情があり体育館の受付に行ったが市の職員でないので分からないと言われた。

回答

一本木野球場の使用につきましては、野球場のほか、隣接する体育施設の利用者のために駐車場を設置しておりますが、大会等が重複する場合、時間帯によっては、駐車場が混雑することがあります。そこで、指定管理者である中野市体育協会から事前に施設の予約申し込みをされた主催者等に対して、駐車場内でのトラブルや路上駐車をしないよう指導するために駐車場に誘導員を配置するようお願いするとともに、できる限り相乗りで来場していただくようお願いをしているところであります。

また、ご提言をいただきました路上駐車のトラブルや職員の接遇につきましては、改めて利用団体の代表者や指定管理者へ指導していきたいと考えております。

今後も市では、体育施設の利用におけるマナーの向上に努めて参りますので、ご理解とご協力をお願い致します。

お問い合わせ

文化スポーツ振興課施設管理係 0269-22-2111(内線395)

ページの先頭へ