空き家の相談窓口

公開日 2020年9月1日

更新日 2021年5月25日

空き家相談窓口top

空き家を放置したままだと危険が生じます。
その危険が地域の第3者に危害をあたえることもあります。
そうならないためには「適切な管理」が必要です。

もし、管理が難しいという方は、どうすればよいのか?
まずは、ご相談ください!

空き家の相談窓口

都市計画課 建築住宅係

電話:0269-22-2111(内線358)

mail:kenchiku@city.nakano.nagano.jp
 

「空き家を手放したい!」という人

中野市では、空き家バンクの運営を通して、空き家の販売をお手伝いしております。
詳しい手続方法は、中野市都市計画課へお問い合わせください。
お問い合わせいただいた際に、管理状態や登記変更について、状況をお聞きします。

空き家バンクの仕組み

※空き家の登録は、市と協定を結ぶ(公社)長野県宅地建物取引業協会長野支部が現地調査し、空き家物件として適正と認められた場合、「中野市空き家バンク」に登録します。
※成約となった場合は、宅地建物取引業法に基づく仲介手数料が発生します。

状態が悪く販売できない空き家

中野市では、官民連携事業として「100均空き家マッチング事業」を行っています。
本事業は、状態が悪く通常の空き家バンクなどでは販売できない物件を100円か100万円で販売するものです。
「状態が悪いから売れないし、解体したいけど、解体費がない」「もう古いお家だから、、、」などのご相談に応じるため、新設しました。
空き家を手放すことをあきらめる前に、中野市都市計画課へご相談ください!

100均空き家マッチング_チラシ[PDF:2.3MB]

100均空き家マッチング_チラシ100均空き家マッチング_チラシ2

100均空き家マッチングサイト(下記のバナーをクリック)

100均空き家マッチングサイト

空き家管理で気を付けること

  • 放置した庭木が敷地外にでていませんか?
  • 屋根や壁に破損はありませんか?
  • ごみの不法投棄はありませんか?
  • 空き家からの落雪対策はしていますか?

事業者で空き家の活用を希望している方

ツアーチラシ

▲こちらをご利用ください(上の画像をクリックで移動)

空き家補助金

中野市では、空き家を手放す方、空き家を活用される方へ補助金を交付しています。
詳細は、「中野市空き家活用等事業補助金」ページをご確認ください

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

ページの先頭へ