健康まつり情報-歩く健康づくり-

公開日 2020年5月12日

更新日 2020年5月8日

日頃からのウォーキングで、元気はつらつ!!

 中野市では、各地区で、ウォーキングの効果や良さをしってもらうきっかけづくりとして、「健康まつり」を実施しています。

 当日は、健康運動指導士による、効果的なウォーキングの話の他、地域のウォーキングコースを参加者で歩きます。

 例年参加者からは、「ウォーキングでリフレッシュできた」「ウォーキングって気持ちいいね」との声をいただいています。

【健康まつりの開催日程】

令和2年度の健康まつりは、新型コロナウィルスの感染拡大を考慮し、開催を中止することとしました。

 

大事な人のため、将来の自分のため+10分身体活動量アップ!

いつでもどこでも手軽にできるウォーキングを日常に取り入れてみませんか?

ウォーキングをすすめる訳は

 ウォーキングは、誰でも、いつでも、どこでもでき、継続しやすいことです。

ウォーキングのうれしい効果

 ウォーキングを継続すると、血行がよくなり血圧の上昇を予防したり、善玉(HDL)コレステロールを増やして動脈硬化の進行を抑制できます。また、血液中の糖の消費を高め、血糖値を下げてくれる効果もあります。

 さらに、エネルギーの消費が高まり、体重の減量効果も期待できます。

 また、足などの筋肉が維持・強化され、さらに骨密度の低下を防ぎます。

 日常生活の中でこまめにからだを動かすことが、生活習慣病や、足腰痛・認知症等の予防になります。

ウォーキングの注意点

  • 準備運動や整理運動を忘れずにしましょう。
  • 適度に水分補給をしましょう。
  • 空腹時、食事直後は避けましょう。
  • 体調の悪いときは無理をせず、主治医に相談しましょう。
  • 持病を持っている人は、運動を始める前に主治医と相談してから行いましょう。
  • 自分のペースで続けましょう。
  • 運動の前後で血圧を測定しましょう。血圧が高い場合にはウォーキングを控えましょう。

 <正しい血圧の測り方>

『正しく測る、毎日測る、記録する』この3つが大事

【1】血圧計の選び方は?

  「上腕で測るタイプ」のものがおすすめです。

上腕血圧計の写真

    ※手首や手指で測定するタイプは、上腕の動脈の太さに比べて細く、
     圧迫が困難な場合があり正確に測定できない場合があります。

【2】正しい測定方法は?

正しい測定方法の図

【3】家庭血圧の基準

収縮期 拡張期
正常血圧の基準値              
125未満  80未満
収縮期 拡張期

高血圧の診断基準 

(病院で測定)

140以上  90以上
収縮期 拡張期
(家庭で測定)
135以上  85以上

※ただし糖尿病や腎臓病の方の場合は、この基準は用いません。

効果的な歩き方のポイント

正しい歩き方の写真

良いシューズの選び方

  • 靴底とかかと部分のクッション性のよいもの
  • 足の動きにそって曲がるもの
  • 靴底が滑りにくいもの

目標1日1万歩 歩数計のおすすめ

  10分のウォーキングで約1000歩!

   自分が1日に何歩歩いているか知っていますか?

  歩数計を使って、まずは自分の歩数を知ることから始めましょう。

  こまめに身体を動かすことが大切です。

  「1日20~30分の歩行を週3日」を目標に、少しずつ歩く歩数を増やしていきましょう!

お問い合わせ

健康管理係
TEL:0269-22-2111(242,387)

ページの先頭へ