道路証明交付申請について

公開日 2014年02月14日

最終更新日 2017年04月01日

道路証明交付申請のご案内

北信建設事務所へ確認の申請書を提出する前に、中野市役所(都市計画課)にて、道路証明の交付申請が必要です。

申請書類(1部提出)は下記のとおりです。

  1. 建築確認申請書の第1~5面(工作物等については第1,2面)の写し
     
  2. 案内図
     申請地を赤色で示してください。
    • 長嶺ニュータウン地区内の場合は、区画案内図(都市計画課で配布)を添付してください
  3. 公図の写し(申請日より3ヶ月以内に発行したもの)
     複写範囲は敷地の外周3筆程度とし、方位・縮尺を記入してください。
     また、下記のとおり色分けをしてください。
      ・申請地・・・・・・・・ 黄色
      ・公衆用道路(赤線)・・・申請地の接している部分を赤色
      ・用悪水路(青線)・・・・ 〃 青色   
    • 公図上で、字界により道路が分断されている場合は、両方の公図を提出してください。
  4. 配置図
     配置図には、下記のものを示してください。
     ・申請に係る建築物(または工作物等)の位置
     ・道路名称または番号(市道は道路河川課、位置指定道路は都市計画課で確認できます)
     ・幅員及び有効幅員 ( 同上 )
     ・道路後退線(幅員が1.8メートル以上4メートル未満の道路)
     
  5. 各階平面図(工作物等については、平面図または側面図など)

  6. 立面図

  7. 求積図(敷地面積、床面積、建築面積)

  8. 委任状(申請を代理者に委任する場合)

その他

  • 長嶺ニュータウン地区については、中野市土地開発公社で「住宅等建築計画書」により長嶺ニュータウン建築協定に関する事前確認を受けてください。(道路証明の申請と同時でも構いません)
    建築確認申請書第3面の備考欄に「長嶺ニュータウン地区建築協定区域内」と記入してください。
  • 自然休養地(主に牧ノ入地区)については、中野市自然保護条例に基づく事前協議等が必要になる場合がありますので、市環境課と協議してください。なお、自然保護条例に基づく事前協議等をする場合、当課の宅地開発に関する事前協議は不要になります。また、道路等証明発行の手続きは、事前協議後に行ってください。
  • 敷地と道路の間に、認定外道路や水路が存在する場合は、建築許可申請(建築基準法第43条第1項ただし書き)が必要になることがありますので、北信建設事務所でご確認ください。
    参考:法第43条第1項ただし書きの規定による許可について[PDF:47KB]
  • 位置指定道路(法42条1項5号道路)の指定年月日、番号、幅員等についてのお問い合わせは都市計画課にお問い合わせください。
  • 新井工業団地には地区計画があります。都市計画課に問い合わせてください。
  • 建築確認申請書類は北信建設事務所建築課にあります。
  • 都市計画施設(都市計画道路等)の区域内において建築物の建築を予定する場合、都市計画法第53条による許可が必要になります。
  • 周知の埋蔵文化財包蔵地において土木工事及び建築工事を行う場合、文化財保護法により工事着工の60日前までに届け出ることが義務付けられています。詳しくは、中野市教育委員会事務局 生涯学習課 文化財係へお問い合わせください。

証明書交付の際は、電話にてご連絡をいたしますので、来庁願います。おおよそ、休日を除いて3日程度かかります。

証明書を添えて、北信建設事務所へ建築確認申請書等を提出してください。

問い合わせ先

建築確認申請に関すること・・・北信建設事務所建築課
TEL 0269-23-0220(直通)

証明交付申請に関すること・・中野市役所都市計画課監理計画係
TEL 0269-22-2111(内線:269)

長嶺ニュータウン地区建築協定に関すること
中野市土地開発公社(市都市計画課内)
TEL 0269-22-2111(内線:269)

お問い合わせ

都市計画課 監理計画係
電話:0269-22-2111(269)
ファクシミリ:0269-22-5925

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード