アクセシビリティについて

はじめに

「アクセシビリティ」とは、「障害のある方や高齢者の方も含めてどんな方でも利用できるように工夫された利用しやすさ」を表す言葉です。
中野市公式ホームページでは、中野市が発信する情報を、より多くの方々に正確にお届けするため、アクセシビリティへの配慮を行っています。

中野市ホームページ作成の基本ルール

障害のある方や高齢者の方にも優しいホームページとします

  • 画像を表示しないブラウザを用いている方でも情報を正しく受け取ることができるように配慮します。
  • 利用する方の視力にあわせて文字を拡大して表示することができる機能を整備します。
  • 色覚に異常のある方でも、情報の区別がつくように配慮します。
  • 文章は明瞭で簡潔にし、分かりやすい表現を心がけます。

特定の装置、ブラウザ、バージョンに依存しないホームページとします

  • 利用する方のパソコンの性能やオペレーティングシステム、ブラウザの種類に制限されないページを作成します。
  • 特定のプログラムに依存せず、未対応の環境でも情報が伝わるよう、代替手段を準備します。
  • 回線速度の遅い環境にも配慮します。
  • 特定の機種や環境のみで表示される「機種依存文字」を使用しません。
  • マウスを使用しなくても操作できるように配慮します。

中野市公式ホームページのアクセシビリティ(利用しやすさ)への配慮について

中野市の取組み

中野市では、「年齢や障がいの有無を問わず、誰にとっても分かりやすく利用しやすいホームページの実現」を目指しております。
障害者・高齢者のホームページの利用に配慮する指針である日本工業規格「JIS X 8341-3:2010」に基づき、以下のように「ウェブアクセシビリティ方針」を定め、目標達成に向けた取組を行ってまいります。

ウェブアクセシビリティとは

主に、高齢者及び障害者のホームページ利用に対する配慮。「ホームページを利用している全ての人が、心身の条件や利用する環境に関係なく、ホームページで提供されている情報や機能に支障なくアクセスし、利用できること」を意味します。

JIS X 8341-3:2010について

平成22年に改正されたJISに基づき、平成23年に総務省「みんなの公共サイト運用モデル(2010年度改定版)」が発表され、自治体や国などの公的機関ホームページはJISへの対応状況を把握した上で、目標とする「ウェブアクセシビリティ方針」を定め、達成に向けた取組を進めていくことが求められるようになりました。

中野市公式ホームページ ウェブアクセシビリティ方針(今後の目標)

対象範囲

中野市公式ホームページであるhttp://www.city.nakano.nagano.jp配下のCMS(コンテンツマネジメントシステム)で作成し、管理するもの。

対象範囲から除くもの

  • 動画を掲載しているページ
  • 動画には、可能な限りテキストでの代替情報を提供するよう努めますが、外部サービスの動画プレイヤーなどは対象外といたします。
  • PDFファイルは、可能な限り達成基準に配慮して作成するように努めますが、ビジュアルを重視するものについては対象外といたします。
  • Googleマップは、地図情報の代替情報を可能な限り提供するように努めますが、外部サービスであるGoogleマップそのものは対象外といたします。

目標とする達成等級

中野市では、JIS X 8341-3:2010の達成等級AA(および一部のAAA)に準拠することを目標といたします。