中野市市民会館リノベーションの事業費とスケジュールの見直し

公開日 2021年12月28日

更新日 2021年12月28日

市民会館のリノベーション(大規模改修)については、新型コロナウイルスの影響による物価上昇などのため、当初予定していた事業費やスケジュールを見直しました。

事業費・財源の見直し

事業費

当初の整備方針で21 億円としていた全体事業費は、物価上昇などを踏まえて27.5 億円に増額します。

財源

後年度に国から交付税として措置され市の自主財源の負担を抑えることができる有利な起債の活用の幅が広がったことから、自主財源の負担を1.7 億円程度の増額にとどめ、市財政への影響を抑えます。

  • 公共施設等適正管理推進事業債(充当率90%、交付税措置率43%程度)
    当初2021 年度工事分しか活用できませんでしたが、2022 年度工事分も活用できるようになりました。
  • 緊急防災・減災事業債(充当率100%、交付税措置率70%)
    新たに活用できるようになりました。

グラフ

今後のスケジュール

当初の予定から半年程度の工期の遅れを見込み、2023 年5月の開館を目指しています。
詳細が決まり次第、改めてお知らせします。

スケジュール

お問い合わせ

文化振興係
TEL:0269-22-2111(394)

ページの先頭へ