2.eLTAX(エルタックス)電子申告について

公開日 2020年10月27日

更新日 2020年10月26日

<目次に戻る

2.eLTAX(エルタックス)電子申告について

eLTAXの概要

eLTAXとは、地方税ポータルシステムの呼称で、地方税における手続きを、インターネットを利用して電子的に行うシステムです。

以前は、複数の都道府県や市区町村に申告等の手続きを行う場合、作成した申告書等をそれぞれの受付窓口へ提出する必要がありました。eLTAXでは、作成した申告書等の電子データを、インターネットで電子的な一つの窓口へ送信するだけで、それぞれの地方公共団体に手続きできるようになります。(データは、提出先ごとに作成する必要があります。)

中野市のeLTAXサービス状況

中野市では、次の表にある申告・申請・届出・納税を行うことができます。なお、給与支払報告書の提出についても利用が可能ですので、ご検討ください。

令和元年10月1日より「地方税共通納税システム」が導入され、個人住民税(特別徴収)や法人市民税等の電子納税が可能になりました。

税目 電子申告

電子申請・届出

電子納税
住民税(特別徴収)
  • 給与支払報告書
  • 特別徴収関連手続き(異動届等)
  • 特別徴収義務者の所在地
    及び名称変更届出書
可能
法人市民税
  • 確定申告書、中間申告書
    予定申告書等
  • 法人の設立及び設置届
  • 法人異動届
可能
固定資産税(償却資産)
  • 償却資産申告書等

eLTAXの利用

eLTAXのサービスは無料で利用できますが、利用届手続きや、対応ソフトウェアの取得といったパソコン環境の整備等が必要になります。

詳細はeLTAXホームページをご覧ください。

eLTAX地方税ポータルシステム https://www.eltax.lta.go.jp/

eLTAX又は光ディスク等による提出義務基準の引き下げについて

令和3年1月1日以降、法定調書の種類ごとに、前々年の提出すべきであった当該法定調書の枚数が100枚以上(改正前:1000枚)である法廷調書についてはe-Tax(国税電子申告・納税システム)又は光ディスク等による提出が必要となりました。

それに伴い、市区町村に提出する給与支払報告書についてもeLTAX又は光ディスク等による提出が義務化されました。

当該の事務所においては、令和3年から対応できるよう、環境整備等をすすめてください。

給与支払報告書の電子的提出の方法としては、上記のeLTAXのほか、光ディスク等を使用することも可能ですが、中野市への給与支払報告書の提出で初めて光ディスク等の使用を希望される場合には、前に申請が必要です。

 

お問い合わせ

課税係
TEL:0269-22-2111(225,229)

ページの先頭へ