令和元年度中野市政策研究所

公開日 2019年11月29日

更新日 2019年11月28日

中野市政策研究所

令和元年度中野市政策研究所

令和元年度は以下の3つのテーマで調査研究を行っております。

  • 中野市が「愛される都市」となるための課題と戦略
  • つながりを誘発するための仕組みに関する研究
  • SDGs(エスディージーズ)普及に関する研究

活動報告

中間報告を行いました(11月22日)

 4月にスタートした中野市政策研究所。9名の研究員が現在、各グループごとにアンケート調査やヒアリングを行いデータ収集や分析を進めています。

11月22日(金曜日)には理事者への中間報告を行いました。

中間報告書は以下のとおりです。

中野市が「愛される都市」となるための課題と戦略[PDF:218KB]

つながりを誘発するための仕組みに関する研究[PDF:259KB]

SDGs(エスディージーズ)普及に関する研究[PDF:397KB]

最終報告は令和2年2月13日(木曜日)に市役所本庁舎で行う予定です。どなたでも傍聴できます。

中間報告画像
理事者への中間報告の様子

設立年月日

 平成29年4月1日

設置の趣旨

 政策研究所は、これからの中野市を担う若手職員の人材育成と、市政に関する総合的な研究をおこなうために、市長公約のもと設立されました。

機能と事業

 政策研究所では、課題解決に向けた各種データや情報などの収集・分析、調査研究などを行います。研究成果は理事者の政策判断のバックデータとするほか、案件により実施計画などに計上して事業化を図ります。

中野市政策研究所について [PDF:413KB]

研究体制

政策研究所組織図[PNG:38KB]

設置規則

政策研究所規程[PDF:110KB] 

お問い合わせ

政策推進係
TEL:0269-22-2111(216)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

ページの先頭へ