ネーミングライツ制度について

公開日 2019年10月23日

更新日 2019年11月1日

ネーミングライツとは

 市が設置する施設の名称に、企業名や商品名等の愛称を付与することができる命名権(ネーミングライツ)です。市は、その命名権者(ネーミングライツ・パートナー)から対価を得て、市が所有する施設の運営・維持管理に充てる新たな財源を確保することにより、安定的なサービスの提供及び地域の活性化を図ります。
 ネーミングライツには、市が選定した施設について企業等が応募する「公募型」と、市が選定した施設以外の施設について企業等が提案する「提案型」があります。                              

募集施設

 【公募型】現在募集中の施設はこちらです。

 【提案型】随時募集しています。

選定方法

 募集担当課等により、応募資格の審査等を行い、次に中野市広告審査委員会において、総合的な審査を行います。その結果に基づいて、ネーミングライツ・パートナーの優先候補者を選定します。

 

 

お問い合わせ

財政係
TEL:0269-22-2111(221)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

ページの先頭へ