令和元年東日本台風(台風第19号)による被害の概要

公開日 2019年10月16日

更新日 2020年6月1日

令和2年5月22日 現在

避難所

11月1日 17時閉鎖

  • 市内全地区で計15か所開設(避難者最大時 639世帯 1,656人 ※10月13日 午前4時台)
  • 福祉避難所 5か所開設(避難者最大時 6世帯 13人)

被害状況

区分 死亡 行方不明 重傷 軽傷
人的被害
台風の直接的な影響によるもの 0人 0人 0人 0人 0人
台風に起因するものと考えられる影響によるもの 0人 0人 1人 0人 1人

 

- 全壊 大規模半壊 半壊 一部損壊
(準半壊)
一部損壊
(10%未満)
床上浸水 床下浸水
住家被害
棟数 8 23 40 4 33 0 17 125
世帯数 8 23 44 4 34 0 18 131
人数 16 76 123 13 115 0 59 402

農業関係被害

項目 被害内容 被害金額 備考
農業関係被害
生産物 被害面積 402.73ヘクタール
被害減収量 1,153.11トン
261,920千円 果樹、きのこなど
施設 343件 475,461千円 果実選果機、農業用機械、
エノキ茸栽培施設など
畜産物 50羽 25千円 信州黄金シャモ製品肉
農地・農業用施設など 農地 333ヶ所(120.6ヘクタール)
施設 112か所
4,610,000千円 揚水機場、水路など

林業関係被害

 被害金額 3,000千円

  • 2路線 5か所
  • その他 赤岩(作業道)

公共土木施設被害

 被害金額 31,663千円

  • 道路 : 路肩・法面崩落、排土、倒木など 20か所

都市施設被害(中間)

 被害金額 226千円

  • 夜間瀬川柳沢河川公園 土砂堆積(被害面積 25,550平方メートル)

下水道施設被害

 被害金額 232,108千円

区分 施設 か所数 被害面積又は延長等 被害金額
下水道施設被害
公共下水道 マンホールポンプ場 4 制御盤 4台
汚水ポンプ 2台
37,957千円
公共下水道 処理施設 1 2,863平方メートル 178,410千円
農業集落排水 処理施設 1 3,254平方メートル 15,741千円

商工関係被害

 被害金額 580,210千円

  • 浸水被害事業所 23件(45棟)

教育関係施設被害

 被害金額 324千円

  • 南部学校給食センター、中央公民館及び北部公民館

市有財産被害

 被害金額 67,748千円

  • 防災行政無線屋外拡声子局(上今井1局)、ブーム付排水ポンプ車、水防倉庫、移動式排水ポンプ車等

各被害合計(中間)

 被害金額 6,262,685円(62億6,268万5千円)

被害概要等(令和2年5月22日 現在)[PDF:952KB]

お問い合わせ

危機管理防災係
TEL:0269-22-2111(286)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

ページの先頭へ