災害時の避難

公開日 2014年02月17日

更新日 2015年07月03日

避難

避難の勧告・指示

 市長または警察官や自衛官は、地震・風水害で避難が必要と判断したときは、避難勧告または避難指示を発令します。

 なお、発令時には以下の方法により住民に伝達します。

  • 防災行政無線
  • エリアメール、緊急速報メール (※
  • 音声告知放送
  • 中野市すぐメールなど

    ※(株)NTTドコモが提供する「エリアメール」、
     KDDI(株)とソフトバンクモバイル(株)が提供する「緊急速報メール」

避難するとき

市職員、消防職員、警察官などの指示に従って避難しましょう。

  1. 火の始末、ガスや電気の安全確認、戸締まりを忘れずに
  2. 近所の人々と一緒に徒歩で (原則自動車は使わない)
  3. けがや病気の人、妊産婦、高齢者、子ども、体の不自由な人を優先し、必要に応じて 介添えする
  4. 飲料水、乾パン、携帯ラジオなど非常持出品を入れたリュックサックを背負い、頭は ヘルメットや帽子等で守る

避難施設

中野市が、中野市地域防災計画において指定する避難施設等は次のとおりです。

お問い合わせ

危機管理防災係
TEL:0269-22-2111(286)

ページの先頭へ