ごみと資源物の出し方・分け方

公開日 2014年5月29日

更新日 2018年10月18日

ごみと資源物の出し方

対象物

収集ステーションへ 可燃ごみ、プラスチック製容器包装、埋立ごみ、金属類
区の指定場所へ びん、ペットボトル、白色発砲トレイ、古紙、有害ごみ

出し方

時間 収集当日の午前8時(一部地域は午前7時30分)までに出してください。
前日の夜や収集後は出さないでください。
場所 区の指定場所に出してください。
居住地以外の収集ステーションには出さないでください。
(収集ステーションは、区が管理しています。場所の変更等は、区を通して市への届出が必要です。)
注意
  • 間違った品目が出されていた場合は収集できません。
  • 区域ごとに決められたルールを守りましょう。
  • 可燃性・不燃性粗大ゴミ、引越しに伴う大量のごみなどは、処理施設へ直接搬入してください。

ごみと資源物の分け方・出し方(冊子)【PDF形式】

ごみ・資源物の正しい出し方(収集カレンダーの上段)

  • (日本語)ごみ・資源物の正しい出し方
  • (english)ごみ・資源物の正しい出し方
  • (chinese)ごみ・資源物の正しい出し方
  • (portuguese)ごみ・資源物の正しい出し方
  • (spanish)ごみ・資源物の正しい出し方
  • (korea)ごみ・資源物の正しい出し方
  • (thai)ごみ・資源物の正しい出し方

可燃ごみ

可燃ごみ指定袋

可燃ごみ指定袋(見本)

証紙付きの可燃ごみ指定袋(緑色)に入れて、収集ステーションに出してください。

収集日は、月・金曜日または火・土曜日の週2回です。収集日カレンダーをご確認ください。

出し方

生ごみ

生ごみの約8割は水分で、特に夏場は量も多く臭いの原因になりますので、水切りを行ってください。
調理くずは小さなボウルやかごの中に入れ、濡らさないようにしましょう。
濡れた生ごみは、捨てる前にもうひとしぼりしてください。
堆肥化しましょう。 コンポスト容器等の購入助成制度があります。

プラスチック製品 プラマークのあるものはプラスチック製容器包装へ。
  • スキー・スノーボードの靴。
  • CD、MD、カセットテープ、おもちゃなど。

ゴム・ビニール製品

ホース、長靴など。

紙くず

  • ティッシュ等資源にならないもの。
  • 紙おむつ(汚物を取り除き、小さく丸めてください)。
  • アルミホイルなど。

革製品

くつ、ベルト、カバンなど。

衣類、布類

日曜回収もご利用ください。(品目限定あり)

指定袋に入らないもの

ふとん、カーペット、じゅうたん等

(電気式やスプリング入りは除く)

幅80センチメートル、直径30センチメートル位に丸め、縛ったひもに

45円の証紙シールを貼って出してください。1回につき3束まで。

板、庭木の剪定木等

(直径12センチメートル以下のもの)

幅50センチメートル、直径30センチメートル位に丸め、縛ったひもに

45円の証紙シールを貼って出してください。1回につき3束まで。

資源物回収もご利用ください。

プラスチック製容器包装

  • プラマークのついているプラスチック製の容器や包装が対象です。
  • ペットボトル、白色発砲トレイは別回収です。
  • 中身は使い切り、汚れを落とし水を切ってください。汚れが落ちにくいものは可燃ごみへ。
  • 商品そのもの(雑貨、日用品、ビデオテープ、CD、おもちゃ、ひもなど)は可燃ごみへ。

収集日は、水曜日または木曜日の週1回です。収集日カレンダーをご確認ください。

プラスチック製容器包装指定袋

プラスチック製容器包装指定袋(見本)

プラスチック製容器包装指定袋(黄色)に入れて、収集ステーションに出してください。

出し方

ボトルペットボトルを除く)

シャンプー、洗剤、乳酸菌飲料などのボトル。

ネット(発泡スチロール製も含む)

野菜や果物が入っていたネット。

色付きトレイ(白色発泡トレイは除く)

生鮮食料品、惣菜などのトレイ。

カップ、パック

プリンのカップ、玉子のパック、コンビニなどの弁当容器、惣菜のパックなど。

キャップ

びん・ペットボトルなどのプラスチック製のキャップ。

ポリ袋、ラップ

レジ袋、スナック菓子などの包み、食品や惣菜などを包むラップ。

緩衝材

家電製品などに入っている発泡スチロール製の緩衝材、気泡緩衝材など。(袋に入らないサイズはひもで束ねて出すこともできます。この場合、証紙シールは不要です。)

チューブ、小袋、レトルト、食品の袋、納豆パックなど

汚れが落ちない場合は、可燃ごみで出してください。

埋立ごみ

  • 茶わん、ガラスの割れたものは新聞紙等に包み、マジックで「割れ物」、「ガラス」と表記し、袋に入れてください。
  • 細かく割れたびんなどの破片も、埋立ごみで出してください。

収集日は、月1回です。収集日カレンダーをご確認ください。

埋立ごみ指定袋

埋立ごみ指定袋(見本)

証紙付きの埋立ごみ指定袋(青色)に入れて、収集ステーションに出してください。
割れたものは、新聞紙等に包んで中身を明記してから指定袋に入れてください。

出し方

陶磁器

茶わん、瀬戸物食器など。資源物特別回収もご利用ください。

ガラス器

哺乳びんや耐熱ガラス製食器を含む。

ガラス

割れたものは、紙に包んで中身を明記してください。

植木鉢、花瓶

陶磁器類のもの。
塩化ビニール製品

管、パイプ、板など。

調理用・暖房用灰

消火を確認し、湿らせてから出してください。

危険物

針、ライターなど。
LED電球等

LED製の電球など。

金属類

  • 鍋、やかんや傘で、柄などのプラスチック部分が取れないものは、付いたまま出してください。
  • 家電製品で長さが30センチメートルを超えるものは、処理施設へ直接搬入をするか粗大ごみで出してください。(有料になります。)
  • コードは製品の根元から切り取り、金属類で出してください。

収集日は、月2回です。収集日カレンダーをご確認ください。

金属類指定袋

金属類指定袋(見本)

金属指定袋(赤色)に入れて、収集ステーションに出してください。

出し方

小型家電製品

アイロン、魔法びん、カセットコンロなど。

アルミ缶、スチール缶

マークのあるもの。中身を使い切ってください。

スプレー缶、カセットボンベ缶

使い切り、必ず穴を開けてください。

金属製調理器具

鍋、やかん、フライパンなど。

金属製おもちゃ

電池は必ず抜いてください。

傘の骨

布、ナイロン部分は取り外して可燃ごみへ。
ナイフ、包丁、はさみ

紙に包んで中身を明記してください。

オイル缶、食用油缶

中身を使い切ってください。

電気毛布、電気カーペット

幅80センチメートル、直径30センチメートル位に丸め、ひもで縛ってください。

びん

  • キャップや栓は可燃ごみで、口金は金属類で出してください。

収集日は、月1回です。収集日カレンダーをご確認ください。(日曜回収もご利用ください。)

区の指定場所へ。
無色透明、茶色、その他の色に区分して指定のコンテナに入れてください。

出し方

  • 中身を使い切り、キャップ、栓は外してきれいに洗ってください。
  • 欠けたびんも出せます。細かく割れてしまったものは埋立ごみへ。
  • 毒物、劇物、農薬、殺虫剤のびんは、収集できません。
  • 一升びん、ビールびん、牛乳びんは、販売店に返しましょう。

ペットボトル

  • 中身を使い切り、きれいに洗ってから出してください。スーパーなどの小売店でも回収しています。

収集日は、月1回です。収集日カレンダーをご確認ください。(日曜回収もご利用ください。)

区の指定場所へ。収集場所にある指定のアミ袋に入れてください。

出し方

PETマークの付いているもの

  • キャップとラベルはプラスチック製容器包装へ。
  • 飲み口に残ったリングは、はずす必要はありません。
  • 水ですすぎ、できるだけつぶして出しましょう。

白色発泡トレイ

  • 白色で発泡スチロール製の食品トレイは、きれいに洗い資源物として出してください。スーパーなどの小売店でも回収しています。
区の指定場所へ。収集場所にある袋に入れてください。

収集日は、月1回です。収集日カレンダーをご確認ください。

出し方

以下のものは、プラスチック製容器包装か可燃ごみとして出してください。
  • 色や模様がついているもの
  • 発泡スチロール製でないもの
  • 納豆のトレイ
  • トレイタイプでないもの

古紙

  • 古紙類の分別は、紙パック、段ボール、新聞紙、雑誌・雑がみの4種類です。
  • 区の指定場所へ出してください。汚れた古紙は可燃ごみで出してください。

収集日は、月1回です。収集日カレンダーをご確認ください。

出し方

紙パック

牛乳やジュースが入っていた紙製の容器。水洗いして切り開き、乾かしてください。
内側がアルミ貼りのものは可燃ごみへ。

段ボール

中心に波状の板紙が入っているもの。ひもで十文字に縛るか、ガムテープでまとめてください。
日曜回収もご利用ください。

新聞紙

ひもで十文字に縛ってください。日曜回収もご利用ください。

雑誌、雑がみ

雑誌、書籍、チラシ、厚紙、包装紙、コピー用紙、メモ用紙などが対象です。
大きさを揃えひもで十文字に縛ってください。
メモ用紙などは、雑誌に挟むか古封筒に入れ、一緒に縛って出しましょう。
日曜回収もご利用ください。

有害ごみ

  • 年2回の市民大清掃の日に収集しています。蛍光管や鏡などは、割れたものでも収集しています。
  • 乾電池、体温計、鏡は指定のコンテナに入れてください。
  • 蛍光灯、グローランプ、電球は指定の段ボールに入れてください。(LED電球等は埋立ごみです。)

収集日は、5月第2日曜日と11月第1日曜日の年2回です。

出し方

使用済み乾電池

マンガン乾電池、アルカリ乾電池
ボタン式電池や小型充電式電池は、小売店のリサイクルボックスへ出してください。

蛍光灯類

サークル管、直管、電球、グローランプ
入っていた箱に入れて、収集場所の段ボール箱に入れてください。

枠はできるだけ取り外して分別しましょう。

水銀体温計

デジタル体温計は可燃ごみへ出してください。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

ページの先頭へ