中野市橋梁長寿命化修繕計画について

公開日 2014年02月10日

最終更新日 2016年12月16日

中野市橋梁長寿命化修繕計画の策定

 中野市の橋梁は、建設からの経年劣化に伴い、今後、補修や架け替えにかかる費用が急速に増加することが見込まれます。
 このため、市では維持補修費の平準化や効率的な維持管理を図るため「中野市橋梁長寿命化修繕計画」を策定しました。
 「中野市橋梁長寿命化修繕計画」の内容については、下記のPDFファイルでご覧いただけます。

中野市橋梁長寿命化修繕計画[PDF:510KB]

橋梁の定期点検

 平成25年の道路法改正に伴う省令・告示の施行(平成26年7月)により、定期点検が義務付けられました。

 この定期点検は、5年に1回の頻度で近接目視により行うことを基本とし、必要に応じて触診や打音等の非破壊検査を併用して行います。

 また、点検の結果については、橋梁の健全性としてⅠ~Ⅳまでの4段階で診断し、その診断結果に基づき、橋梁の効率的な維持及び修繕が図られるよう、必要な措置を講じることとなります。

区分 状態
健全

道路橋の機能に支障が生じていない状態。

予防保全段階 道路橋の機能に支障が生じていないが、予防保全の観点から措置を講ずることが望ましい状態。
早期措置段階 道路橋の機能に支障が生じる可能性があり、早期に措置を講ずべき状態。
緊急措置段階 道路橋の機能に支障が生じている、又は生じる可能性が著しく高く緊急に措置を講ずべき状態。

 中野市では、平成26年度より定期点検を実施しており、診断結果は「道路メンテナンス年報」に公表されています。

 15m以上の橋梁について、現時点での定期点検結果を公表します。

 定期点検結果【橋梁】(平成28年12月1日現在)[PDF:44KB]

お問い合わせ

道路河川課 維持係
電話:0269-22-2111(266)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード