中野市・飯山市「中心市宣言」

公開日 2012年06月19日

最終更新日 2017年10月23日

 
 平成24年6月19日、小田切市長(当時)は中心市宣言を行い、定住自立圏の形成に向けて圏域の中心的な役割を担う意思を表明しました。

定住自立圏構想とは

 わが国は、今後、大幅な人口減少と少子高齢化が見込まれており、3大都市圏はもとより、とりわけ地方圏では、地域の経済や活力が減退していくことが懸念されています。そのため地域においては、将来にわたって安心して暮らせる魅力ある地域づくりを進めることが求められています。
 定住自立圏構想は、こうした状況を踏まえ、市町村の枠にとらわれず、都市機能の集約とネットワーク化の考え方に基づき、圏域の市町村が連携・協力して、住民生活に必要な生活機能を圏域全体で確保し、圏域の一体的な発展と定住人口の促進を図るための施策です。
 平成20年12月、国において、「定住自立圏構想推進要綱」が取りまとめられ、定住自立圏形成に向けた具体的な手続きが示されました。

定住自立圏の形成手順

中心市宣言

 都市機能の確保をはじめ、圏域の市町村が連携・協力し定住自立圏を形成していくうえで、人口など一定の条件を満たす市が中心的役割を担うことを宣言するものです。
 中野市は飯山市とともに2つの市を合わせて1つの中心市とみなす複眼型中心市として取り組んでいきます。

yazirusi

定住自立圏形成協定の締結

 中心市と近隣市町村が協議し、連携していこうとする取組について、中心市と近隣市町村が議会の議決を経て1対1で「定住自立圏形成協定」を締結します。

yazirusi

定住自立圏共生ビジョンの策定

 協定内容に基づき、圏域の将来像や具体的な取り組み内容を記載した「定住自立圏共生ビジョン」を策定します。

  • 平成24年12月20日:「北信地域定住自立圏共生ビジョン」を策定しました。
  • 平成29年2月8日:「第二次北信地域定住自立圏共生ビジョン」を策定しました。

yazirusi

連携事業の実施

 定住自立圏共生ビジョンに基づき、連携して事業を実施します。

お問い合わせ

政策情報課 政策推進係
電話:0269-22-2111(216)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード