浄化槽の法定検査を受けましょう

公開日 2014年02月13日

最終更新日 2014年01月16日

浄化槽は、維持管理が適正に行われることによってはじめてきれいな水を川に流すことができる装置です。

河川の汚濁を防ぐために1年に1回、浄化槽の機能を診断するための検査を受けることが法律で義務づけられています。

法定検査の内容

日頃行われている保守点検や清掃とは別に、県知事が指定した(公社)長野県浄化槽協会が行う検査で、次の二つがあります。

  • 設置状況検査(浄化槽法第7条に基づく検査)
    設置された浄化槽が、適正に施工され、機能しているかを確認する検査です。浄化槽を使い始めてから3ヶ月を経過した後に行わなければなりません。
  • 維持管理検査(浄化槽法第11条に基づく検査)
    年1回、保守点検や清掃が適正に行われ、浄化槽の機能が適正に発揮されているかを確認する検査です。

法定検査手数料

設置状況検査(第7条検査)
人槽 金額
20人槽以下 12,000円
21人~100人槽 16,000円
101人~300人槽 19,000円
維持管理検査(第11条検査)
人槽 金額
20人槽以下 5,000円
21人~100人槽 10,000円
101人~300人槽 13,000円

問い合わせ先

公益社団法人 長野県浄化槽協会 電話026-234-7637

お問い合わせ

環境課 衛生係
電話:0269-22-2111(245)