市で収集できないもの

公開日 2014年02月13日

更新日 2018年09月25日

家電リサイクル法の対象品目

家電製品のうち、エアコン、テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機については、家電メーカーが引き取ってリサイクルし、資源として再利用することになっています。

次のいずれかの方法で処分してください。

  • 過去に購入したお店または買い替えをするお店に引き取りを依頼する。
    販売店には引き取り義務があります。通常はこの方法で処理します。
  • 販売店が分からない場合などは、事前に郵便局でリサイクル料金を支払い、次の1または2の方法により指定場所へ運搬する。
    リサイクル料金のほか消費税と振り込み手数料がかかります。
  1. 郵便局で発行されたリサイクル券を、処分する対象品目に貼り、以下の引き取り場所へ自分で運ぶ。
    信州名鉄運輸(株) 長野指定取引所
    長野市真島町川合字村西240-1 電話026-214-7556
    午前9時~正午、午後1時~5時(日曜日、祝日は休み)
  2. 郵便局で発行されたリサイクル券を、処分する対象品目に貼り、一般廃棄物収集運搬許可業者へ運搬を依頼する。この場合、収集運搬業者への費用がかかります。

不明な点は、家電リサイクル券センターへお問い合わせください。
電話0120-319-640 家電リサイクル券センターホームページ

パソコン(パソコン本体とディスプレイ)

直接メーカーへ回収を申し込んでください。
メーカーが不在等の場合は、一般社団法人パソコン3R推進協会へお問い合わせください。
電話03-5282-7685 パソコン3R推進協会ホームページ

消火器

消火器リサイクル推進センターへお問い合わせください。
電話03-5829-6773  消火器リサイクル推進センターホームページ

その他

次の7品目は、買ったところまたは処理専門業者へ相談してください。

  1. オイル、シンナー、塗料が残っている缶
  2. 毒物、劇物、農薬のびん
  3. LPガスボンベ
  4. 浴槽
  5. 注射器、注射針
  6. ピアノ、オルガン
  7. スプリング入りソファー、マットレス、ベッド

産業廃棄物は市で収集できません

事業活動に伴って生じた廃プラスチック類、金属くず、ガラスくず、廃油などは産業廃棄物です。
産業廃棄物処理業者に処理を依頼してください。

  • 農業用ビニール、プラスチックマルチシート
  • 農機具
  • 建築用廃材

お問い合わせ

衛生係
TEL:0269-22-2111(245)

ページの先頭へ