農業生産の概要について

公開日 2014年02月06日

最終更新日 2017年07月06日

 中野市は長野県の北東部に位置し、気候は、四季の変化に富んだ内陸性気候ですが、地域によって違いがみられ、北部では雪の多い日本海側の特色が見られます。

 昼夜の気温差が大きいうえに降水量は全国平均よりも少なく、果樹栽培に適した気候であり、ぶどうや桃、りんご、プラム、さくらんぼなどを主体に、全国有数の品質と生産量を誇る農産物の宝庫です。

 ぶどうでは、巨峰の産地として有名であり、5月に出荷を始めるハウス栽培から、露地栽培、12月から1月に出荷する冷蔵出荷まで、国内で最も長期間にわたり巨峰を出荷しています。最近は、皮ごと食べられるシャインマスカットも人気があります。

 りんごも多品種を長期出荷していて、中野市生まれの「秋映」は、甘みと酸味のバランスがよく、長野県「りんご三兄弟」の一つとしても有名です。

 果樹以外では、艶やかな花姿と甘く優しい香りが特徴であるシャクヤクの栽培が盛んで、切花の生産量は全国第1位です。なお、シャクヤクは、中野市の「市の花」にもなっています。

 また、鍋料理には欠かせないきのこも栽培が盛んで、付加価値を高めた施設型農業を積極的に展開し、生産性の向上に努めてきました。中でも、えのきたけは、全国第1位の生産量を誇っており、ぶなしめじ、なめこ、エリンギなどの生産量も多くなっています。

 これら高品質の農産物は、消費者に高い評価を受けています。

 農林業センサスについて

 5年ごとに実施する統計調査「農林業センサス」のうち、農林業経営を把握するために個人、組織、法人等を対象にして実施する「農林業経営体調査」について、長野県及び県内市町村の調査結果をまとめたサイトへ移動します。移動後に、「分野別からさがす」→農林水産業「農林業センサス」をクリックしてください。

 農林業センサス(農林業経営体調査・長野県分)の結果(外部サイト)

 中野市分の推移等をまとめた表は、こちら(中野市の農業(統計)[PDF:257KB])からご覧いただけます。

お問い合わせ

農政課 振興係
電話:0269-22-2111(253)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード