屋外広告物の規制について

公開日 2014年05月01日

最終更新日 2016年12月01日

屋外広告物を表示する場合、長野県の屋外広告物条例及び、中野市沿道景観維持に関する指導要綱の規定による制限があります。

屋外広告物表示禁止物件

 次の物件には、原則として屋外広告物を表示または設置できません。

・電柱、街路灯柱 ・街路樹・信号機、道路標識 ・カーブミラー・ガードレール ・公衆電話ボックス など

禁止屋外広告物

 次の屋外広告物は表示または設置できません。

• 保安上使用するものを除き、地色に彩度15以上の色、蛍光塗料または夜光塗料を使用したもの

• 汚染、退色、はく離または破損したもの

• 裏面が塗装されていないもの

屋外広告物許可地域

 次の地域で屋外広告物を表示または設置する場合は、許可が必要です。

ただし、自己用広告物で表示面積の合計15平方メートル以下のものは除きます。

•上信越自動車道の両側各1000m以内

•北陸新幹線の両側各1000m以内

屋外広告物特別規制地域

 次の地域で屋外広告物を表示または設置する場合は、許可が必要です。

ただし、自己用広告物で表示面積の合計3平方メートル以下のものは除きます。

• 国道117号(豊田飯山インターチェンジから飯山市との境界までの区間)の両側各200m以内

屋外広告物禁止地域

 次の地域には、屋外広告物を表示または設置できません。

ただし、自己用広告物で表示面積の合計10平方メートル以下のものは除きますが、(※)の区域は、自己用広告物で表示面積の合計5平方メートルを超えるものは協議が必要です。

• 都市計画法に基づく住居専用地域

• 国道117号(長野市との境界から国道18号との 交差点までの区間)の中野市側300m以内

• 上信越自動車道の両側各500m以内(※)

• 北陸新幹線の両側各500m以内(※)

• 都市計画道路 草間七瀬線(信州中野IC入口交差点~中野トンネル東口)の両側各100m以内(※)

• 都市計画道路 草間七瀬線(中野トンネル東口~七瀬交差点)の両側各50m以内(※)

• 都市計画道路 吉田栗和田線(七瀬交差点~都市計画道路栗和田線との交差点)の両側各25m(※)

• 都市計画道路 栗和田線(都市計画道路 吉田栗和田線~山ノ内町境)の両側各50m以内(※)

• 国道292号(長丘バイパス 飯山市境~長嶺ニュータウン入口交差点)の両側各100m以内(※)

• 国道292号(長丘バイパス 長嶺ニュータウン入口交差点~七瀬交差点)の両側各25m以内(※)

• 国道117号(豊田大橋~県道南永江替佐停車場線交差点)の両側各50m以内(※)

• 県道牟礼永江線(県道南永江替佐停車場線交差点~市道野田線交差点)の両側各50m以内(※)

• 県道南永江替佐停車場線(国道117号線交差点~もみじ橋)の両側各50m以内(※)

• 市道斑山線(全線)の両側各50m以内(※)

• 市道上今井替佐停車場線(美女坂踏切~替佐駅)の両側 各50m以内(※)

※詳しくは屋外広告物規制図・景観計画区域[PDF:331KB]を参照して下さい。

上記の内容をまとめたしおりもありますのでご活用ください。

中野市 景観・屋外広告物関係規制のしおり[PDF:912KB]

屋外広告物の設置する地域、表示面積によって規制が異なるため、屋外広告物を設置される場合は事前に市へお問い合わせください。

また、屋外広告物および景観関係についての詳細は下記の長野県の景観育成(都市・まちづくり課 景観係)を参照して下さい。

長野県の景観育成(都市・まちづくり課景観係トップページ)

関連ワード

お問い合わせ

都市計画課 建築住宅係
電話:0269-22-2111(273)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード