一本木公園(バラ公園)

公開日 2014年02月17日

最終更新日 2017年08月03日

一本木公園(いっぽんぎこうえん)

一本木公園(北入園口)

1984年に市民の憩いの場として開設された一本木公園。故黒岩喜久雄氏が自宅で育てていた172種179株のバラの成木を本市に寄付され、一本木公園に移植されたことが契機となり、現在では県内でも有数の種類と株数を誇るバラ園として有名になりました。

園内には、バラ(850種2500株)のほかにも桜やさまざまな宿根草など、四季折々に楽しむことができる花々が咲き誇ります。

また、明治中期の洋風建築である中野小学校旧校舎が移築され、信州中野銅石版画ミュージアムや一本木公園展示館が併設されているほか、子どもたちが夢中になって遊べる遊具や広い芝生など、大人から子どもまで年間を通して楽しむことができます。

なお、バラの手入れをはじめ公園全体の管理は、指定管理者の一般社団法人一本木公園バラの会の皆さんが行っています。

所在地

 中野市大字一本木495番6

交通アクセス

自動車をご利用の方

 上信越自動車道「信州中野I.C」より車で約15分

公共交通機関をご利用の方

 長野電鉄「中野松川駅」下車 徒歩約5分

駐車場

 60台(信州なかのバラまつり期間中は、特設駐車場をご利用ください。)

主な施設

一本木公園バラ(1)一本木公園バラ(2)一本木公園遊具一本木公園中野小学校旧校舎

利用案内

お問い合わせ(バラの開花状況、公園使用等)

 公園管理事務所(展示館内)

 電話:0269‐23‐4780

関連リンク

地図

一本木公園