遊休荒廃農地対策事業

公開日 2014年02月13日

最終更新日 2016年07月13日

平成28年4月1日から、遊休荒廃農地対策事業補助金制度を拡充しました。

農業従事者の高齢化、後継者不足等により農地の荒廃が深刻化する中で、荒廃化した農地の解消を図り、再活用をする個人又は団体に対し、補助金を交付します。

補助対象となる農地

次の要件をすべて満たす農地が補助対象となります。

  1. 1年以上耕作をせず、荒廃した農地
  2. 作付けし、3年以上耕作を継続する予定のある農地(事業実施主体の2,3は5年以上)
  3. 面積が10アール以上のまとまった農地

  ※利用権設定等により借り受けた農地が対象であり、自己所有農地は対象となりません。

事業のポイント

補助対象品目

  • 野菜・果樹・花等の農産物だけでなく、景観作物も対象となります。
  • 水稲は、補助対象になりません。

事業実施主体

  1. 下記以外の農業者
  2. 人・農地プランの中心経営体、認定農業者、認定就農者
  3. 新規就農者(中野市青年就農給付金交付要綱第2条で規定する給付対象者及び中野市新規就農者支援事業補助金交付要綱で定める農業後継者育成支援事業の補助対象者)

補助対象経費

  1. 遊休荒廃農地の再生作業に要する経費(例:再生作業委託料、重機等リース料、重機等の燃料等)
  2. 営農資機材等の購入に要する経費(例:肥料、農薬、除草剤、マルチ、支柱、種・苗、農業用機械の燃料等)

  ※ 償却資産に該当する10万円以上の農機具等の購入費用は補助対象外です。

補助対象となる期間

  • 補助金の交付は、同一農地に対し、3年を限度とします。(申請は毎年度必要となります)

補助限度額、補助率等

事業実施主体 事業年度 10アール当たり
補助限度額
補助率
下記以外の農業者 初年度 40,000円 10分の10以内
2・3年目 20,000円
人・農地プラン中心経営体
認定農業者・就農者
初年度 60,000円
2・3年目 30,000円
新規就農者 初年度 75,000円
2・3年目 40,000円

 ※②、③について、平成28年4月1日から補助限度額が増額されました。

その他

 事業実施初年度の交付申請の際には、事業実施前の農地の荒廃状況が確認できる写真を2枚程度提出していただきます。

 

 事業の実施に当たっては、本補助事業の対象となるか確認が必要となるため、事業を実施する前に必ず農政課農政係へお問い合わせください。

お問い合わせ

農政課 農政係
電話:0269-22-2111(250)