高齢者見守り・徘徊SOSネットワーク事業について

公開日 2014年02月13日

最終更新日 2017年06月19日

市では、認知症の高齢者の方が住み慣れた地域で安心して生活できる地域づくりを進めるため、「高齢者見守り・徘徊SOSネットワーク(あったか見守りネットなかの)」を整備し、認知症の高齢者の方が行方不明になった際に、これまでの屋外放送に加え、地域全体で探すことができる電子メールとファクスによるネットワークを平成25年4月1日から稼働しました。今後はより広範囲で事業に取り組んでいく必要があり、平成29年4月24日より山ノ内町との広域稼働を開始しました。今後も順次連携する市町村を広げていく予定です。広域稼働が開始となったことで、高齢者をより早期に発見できる可能性が高まり、今まで以上に多くの生命や生活を守ることが可能となります。

高齢者見守り・徘徊SOSネットワークパンフレット[PDF:2MB]

支援者登録

利用登録された方が行方不明になった場合、支援者登録をされた方へ、市から電子メールまたはファクスにより捜索依頼が配信されます。
支援者は自らの業務に支障のない範囲内で捜索への協力をお願いします。

登録方法

高齢者見守り・徘徊SOSネットワーク支援者登録申請書を、高齢者支援課(中野保健センター内)へ提出してください。

SOS 支援者登録申請書(広域稼働)[DOC:59KB]

SOS 支援者登録申請書(広域稼働) ※記入例[DOC:64KB]

登録料

無料

利用者登録

市内に在住する認知症で行方不明となることが心配される65歳以上の高齢者の方が対象で、対象者の家族からの「高齢者見守り・徘徊SOSネットワーク利用登録申請書」の提出により登録を行います。
登録された方が行方不明になり、家族から警察へ捜索願が提出された場合に、市から支援者へ捜索に関する情報を配信いたします。

登録方法

高齢者見守り・徘徊SOSネットワーク利用登録申請書を、高齢者支援課(中野保健センター内)へ提出してください。

SOS 利用者登録申請書(広域稼働)[DOC:69KB]

SOS 利用者登録申請書(広域稼働) ※記入例[DOC:79KB]

登録料・利用料

無料

お問い合わせ

高齢者支援課 介護予防包括支援係
電話:0269-22-2111(366,389)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード