商工業

公開日 2014年02月06日

最終更新日 2014年01月15日

中野市では、新しい発想と行動力で新製品や新サービスを生み出す起業家を力強くバックアップし、産業界に新しい旋風をまき起こします。
資本提携・技術協力などで経済のグローバル化が強まりつつあるなか、日本では産業の空洞化が進展し、その影響は地元商工業にも大きな影響を与えています。
中野市の工業は、食品製造業などの地場産業や電子、精密、プラスチック加工を行う企業が多いという特徴があります。二つの工業団地、準工業地域等を中心に約120社の企業が操業、製造品出荷額は、約1,000億円となっています。 
市では、恵まれた自然環境や上信越自動車道などの交通条件など本市の優れた特性を充分活かし、工業の高度化、先端化、高付加価値化に対応した、新規参入や独立、創業への積極的な支援を行っています。
また、農業、商業、観光の連携による地域資源の発掘、産業誘発への支援を行い、競争力のある産業振興を図っています。 
11月のえびす講にあわせて開催する中野市産業展は、市内の多数の企業が参加し、その先端技術を市民に披露しています。

中野市の製造業 (従業員4人以上の事業所)

製造業グラフ01
製造業グラフ03
製造業グラフ02
 
 

お問い合わせ

営業推進課 商工労政係
電話:0269-22-2111(256,272)