中野市公共施設等総合管理計画

公開日 2016年04月18日

最終更新日 2016年04月18日

 
 市では、人口減少、施設の老朽化や耐震性、歳入の減少等の課題に対応するため、抜本的な見直しにより公共施設の適切な規模を検討し、次世代に負担を残さない効率的・効果的なあり方を実現することを目的とした「中野市公共施設等総合管理計画」を策定しました。(平成28年4月18日)

計画に関する基本的な考え方

  • 今後も維持する公共施設等は、定期的な点検・診断、計画的な維持補修により長寿命化。安全を確保し、災害時の避難場所として耐震化。
  • 将来の財政力を見据え、統廃合、機能転換、複合化等により適正な資産量を設定。
  • 指定管理者制度等の民間活力の活用、近隣市町村との連携も検討。
  • 今後10年間で、公共施設の延床面積を20%縮減、公共インフラの延長を現状維持。

計画期間

平成28年度から平成37年度までの10年間

計画の全文

中野市公共施設等総合管理計画[PDF:1MB]

計画案におけるパブリックコメントの結果

中野市公共施設等総合管理計画(案)に対する意見募集の結果について

関連ワード

お問い合わせ

政策情報課 行政管理係
電話:0269-22-2111(401)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード