守ろう子どもの命(児童虐待防止)

公開日 2014年02月24日

最終更新日 2014年02月24日

児童虐待事例が増加しています。児童虐待は、子どもの人権を侵害するだけではなく、時には子どもの命を奪ったり、子どもの心身の発達や人格の形成に大きな影響を与えてしまいます。

児童虐待には、以下の4つのタイプがあります。

身体的虐待 

子どもを身体的に傷つける

ネグレクト

子どもを学校に通わせなかったり、食事を十分与えないなどの養育の放棄

性的虐待

子どもに性的なことを強要する

心理的虐待

ことばによる脅かし・自尊心を傷つけるような言動・子どもを無視したり拒否的な態度を示す

相談、連絡するには?

子ども相談室では、専門の相談員を配置して児童相談に応じています。

また、虐待を始めとする要保護児童、いろいろな問題を抱える児童等に対応するため、 「中野市子どもサポート連絡協議会」を設置し、長野県中央児童相談所など、児童に関係する機関が緊密な連携を図りながら支援を行っていきます。

連絡先

子ども相談室

0269-23-3191(月曜~金曜日 午前8時30分~午後5時15分)

長野県中央児童相談所

026-238-8010

児童相談所 全国共通ダイヤル

0570-064-000

児童虐待・DV24時間ホットライン

026-91-2410(24時間対応)

<関連リンク>長野県中央児童相談所のホームページ

子ども児童虐待防止のシンボルマーク

子ども虐待防止のシンボルマーク

オレンジリボンをあなたの胸に

お問い合わせ

子ども相談室 子ども相談係
電話:0269-22-2111(277,278)