農業から元気をはじめよう!

中野市食の大使 杉浦太陽さんオリジナルレシピ「太陽流きのこ麻婆」

公開日 2017.09.25

更新日 2018.12.06

太陽流きのこ麻婆

きのこの一大産地、中野市ならではのレシピ。
きのこたっぷりできのこの香り立つ食欲をそそる逸品です。2017年2月11日の中野市食農フォーラムで実演披露されたお料理で来場者の皆さんから大好評でした。

料理実演の説明をする中野市食の大使 杉浦太陽さんの写真
 
材料を刻む中野市食の大使 杉浦太陽さんの写真
 
材料を炒める中野市食の大使 杉浦太陽さんの写真
 

 

 

 

 

 

中野市食の大使オリジナルレシピ 太陽流きのこ麻婆 きのこの香りたつ食欲をそそる逸品です。 材料(4人分) ひき肉150グラム きのこ数種類(しめじやひらたけなど)300グラム なめこ1パック ニンニク2かけ ネギ適量 ワケギ適量 ごま油適量 豆板醤大さじ2 甜面醤大さじ1 オイスターソース大さじ1 塩コショウ適量 鶏がらスープ300グラム 片栗粉適量 粉山椒適量 作り方 1.なめこ以外のきのこは塩コショウと片栗粉を薄くまぶしておく。 2.ひき肉を油が透明になるまで炒めたら、ニンニクとねぎのみじん切りを入れて、豆板醤、甜面醤、オイスターソース、味噌を入れて炒める。 3.さらに片栗粉をまぶしたきのこを入れて軽く炒めたら、鶏がらスープを入れる。 4.そこになめこを入れて、煮る。5.仕上げにねぎのみじん切りと塩コショウとごま油を入れて、粉山椒を入れて出来上がり!盛り付けにワケギのトッピングです。 ご飯にかけて食べると抜群においしいですよ。

 

 

お問い合わせ

推進係
TEL:0269-22-2111(406)

ページの先頭へ