高校3年生が模擬投票を体験

公開日 2016年03月03日

H28_03_03_選挙出前講座(模擬投票)_中野立志館高校

3月3日、中野立志館高校の3年生約150人が、同校において模擬投票を体験しました。

これは、選挙権年齢が18歳以上へ引き下げられることに伴い、選挙の仕組みや投票参加の意義について理解を深めてもらおうと、県と市の選挙管理委員会が連携して実施したものです。

架空の県知事選を想定し、候補者役の男性3人の政見放送を見た上で票を投じた生徒たちは、「実際の投票のような経験ができて参考になった」と話していました。

お問い合わせ

秘書広報係
TEL:0269-22-2111 (212,400)