市立博物館

路傍の石神・石仏を探る(豊田編)

公開日 2021年04月19日

更新日 2021年09月04日

受講者募集

中野市豊田地区に点在する石神・石仏(石造文化財)について、『路傍の石神・石仏』(豊田村教育委員会、1981年)を参照しながら調査、記録をしていきます。路傍にたたずむ石造文化財から地域の歴史や文化を探ってみませんか。

開催日:毎月第1土曜日(初回は5月1日) 

時 間:午前9時30分~正午

場 所:中野市豊田地区(大字永江)※初回は中野市立博物館

講 師:大滝敦士(当館学芸員)

募 集:随時

・新型コロナウイルス感染拡大状況によって、中止になる場合があります。

開催状況

【第1回】5月1日 午前9時30分~午前10時30分 令和3年度の予定について(中野市立博物館大研修室)

【第2回】6月5日 午前9時30分~午後0時20分 現地調査(市内三俣地区・豊田深沢地区周辺)

【第3回】7月3日 午後9時30分~午前11時30分 現地調査(市内赤坂地区・三俣地区周辺)

【第4回】8月7日 ※連日気温の高い状態が続き、熱中症の危険性が高いため、中止することとしました。

【第5回】9月4日 ※県の「命と暮らしを救う集中対策期間」における対策強化にともない、中止することとしました。

お問い合わせ

市立博物館
TEL:0269-22-2005

ページの先頭へ