全県に「医療警報」が発出されました

公開日 2022年4月21日

更新日 2022年4月21日

年度の切り替わりによる人の移動の増加やオミクロン株BA.2系統への置き換わりを主な要因として、新規陽性者数が過去に経験のない水準となっています。
県は、「救える命が救えなくなる事態を回避する」という基本目標のもと、新規陽性者の抑制を図りながら「重症化リスクの高い方を守る」ことを対策の重点として取り組んできましたが、入院治療を必要とする方が増加しており、確保病床使用率は一時25%を超過し、4月19日時点でも25.0%と医療警報の発出水準となっています。
現在の新規陽性者の発生状況、今後の大型連休による人の移動の増加を考慮すると、さらなる感染の拡大による医療提供体制への負荷の増大が懸念されます。
このため、医療特別警報(確保病床使用率35%以上)の発出を回避し、社会経済活動を動かしながら重症化リスクが高い方を守ることができるよう、県は全県に「医療警報」を発出し、オミクロン株への対策をさらに徹底することとしました。
市民の皆さま、訪問される皆さま、事業者の皆さまは、「新型コロナウイルス感染防止についてのお願い」に掲げる県の対策にご協力いただくとともに、「医療警報発出にあたってのお願い」に沿った感染防止対策の徹底をお願いします。

新型コロナウイルス感染防止についてのお願い

市民の皆さまへの協力依頼

  • 不織布マスクの確実な着用など改めて基本的な感染防止対策を徹底してください
  • ワクチン接種をご検討ください
  • 高齢者や基礎疾患がある方の感染防止にご協力ください
  • 子どもや保護者の皆様は感染防止対策へ協力してください
  • 混雑した場所や感染リスクが高い場面・場所へ外出・移動する際は十分注意してください
  • 県外を訪問するときは、感染リスクが高い場面を避け、慎重に行動してください
  • 会食の際は感染防止対策を徹底してください
  • 飲食店等での会食は、同一テーブル4人以内、2時間以内としてください
  • 体調がすぐれないときは、外出を控え、速やかに医療機関を受診してください

「医療警報」発出にあたってのお願い

感染力の強いオミクロン株BA.2系統への置き換わり等により、新規陽性者数は過去に経験のない高い水準となっています。
高齢者や基礎疾患をお持ちの方など重症化リスクの高い方を守ること、そのことを通じて医療体制を堅持すること、感染急拡大に歯止めをかけて社会経済活動をできるだけ維持すること、が急務です。
県民の皆様には、主に次の点についてご協力をお願いします。
令和4年4月20日 長野県知事 阿部 守一

重症化リスクの高い方や身近で接する方へ

  • 高齢者や基礎疾患のある方や同居のご家族は、人混みや普段会わない方との会食をできるだけ控えるなど、感染しないよう最大限注意してください。
  • 重症化リスクが高い方とご家庭や職場等身近で接する方には、リスクの高い行動を行った場合は、重症化リスクの高い方との接触を控え、検査を受けることを推奨します。

全ての県民の皆さまへ

  • エアロゾル感染を防ぐため、不織布マスクの確実な着用、こまめな換気などこれまで以上に徹底した感染防止対策を心がけてください。
  • ご家族以外との会食・旅行を行う際には、事前にワクチンの追加接種を受けることを推奨します。

ワクチン接種について

  • ご自身と周りの方の健康を守り、感染拡大を抑えるためにも、この機会にワクチン接種をご検討いただくようお願いします。
  • 特に、子どもや高齢者等と同居されている方は、積極的にワクチン接種をご検討いただくようお願いします。

新型コロナウイルス感染症に係わる差別や誹謗中傷は絶対にやめてください。
新型コロナウイルス感染症に係わる差別や誹謗中傷により苦しんでいる人がいます。また、誹謗中傷をおそれるあまりに受診をためらうことは、重症化のリスクを高めるほか、さらなる感染の拡大を招きかねません。さらに県外との往来が必要な方や、様々な理由によりワクチン接種を受けられない方もいます。
誰もが自分事として捉え、市民お一人おひとりが「思いやり」の心を持ち、「支えあい」の輪を広げ、みんなでこの危機を乗り越えていきましょう。

全県に「医療警報」を発出します[PDF:8.11MB](長野県)

「医療警報」発出にあたってのお願い[PDF:572KB](長野県)

県では、無症状で感染不安を感じる(感染が拡大している地域との往来をした等)県内在住の方に対し、無料検査を実施しています。

市内公共施設の取扱いについて

関連リンク

長野県ホームページ

お問い合わせ

保健医療推進係
TEL:0269-22-2111(368,388)
危機管理防災係
TEL:0269-22-2111(286)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

ページの先頭へ