感染対策強化期間が終了し、引き続き感染警戒レベルに応じた対策が講じられました

公開日 2022年4月11日

更新日 2022年4月11日

年度末・年度始めの人の移動の増加による感染拡大を防ぐため、3月19日から4月10日までを「年度末・年度始めにおける感染対策強化期間」として、感染対策の徹底を呼びかけてきたところです。
しかし、新年度スタートによる接触機会の増加や変異株のBA.2系統への置き換わりなどを主な要因として、子どもや若者を中心に新規陽性者が増加しており、県内はこれまでで最も感染リスクが高い状況となっています。
このため、県は北信圏域に対して、感染警戒レベル5(新型コロナウイルス特別警報Ⅱ)としての対策の継続を講じました。
社会経済活動を維持しつつ、市民の皆さまの命と健康を守るためには、いまここで感染の急拡大を抑制することが必要です。年度末・年度始めを区切りとした感染対策強化期間は10日で終了しましたが、感染対策の基本は継続しますので、市民の皆さま、訪問される皆さま、事業者の皆さまにおかれては、県の対策にご協力いただくとともに、特に「感染急拡大を防ぐためのお願い」に沿った対応の徹底をお願いします。

感染急拡大を防ぐためのお願い(令和4年4月11日以降)-医療への負荷増大を避けるために-

直近1週間の新規陽性者数が過去最多となり、感染経路不明者の割合も高く、県内ではこれまでで最も新型コロナウイルスへの感染リスクが高い状況となっています。
県民の命と健康を守るためには、今この段階で、これ以上の感染急拡大を防ぎ、医療への負荷増大を避けることが重要となりますので、皆さまのご協力をお願いします。
令和4年4月8日 長野県知事 阿部 守一

県民の皆さまへ

1 改めて基本的な感染防止対策を徹底してください

  • 人との距離の確保
  • マスクの正しい着用(不織布マスク推奨)
  • 手洗い・手指消毒
  • ゼロ密を意識
  • 屋内や車内の十分な換気
  • 会食をする際はできるだけ少人数で黙食を基本とし、会話の際はマスクを着用

2 体調がすぐれないときは、外出を控え、速やかに医療機関を受診してください

  • 職場や学校では、休みやすい環境づくりに引き続きご協力ください。

3 県外を訪問するときは、感染リスクが高い場面を避け、慎重に行動してください

  • 高齢者や基礎疾患がある方に限らず、十分気をつけてお出かけください。

4 高齢者や基礎疾患がある方の感染防止にご協力ください

  • 同居の方に体調不良の方、濃厚接触者等がいる場合には、家庭内でもお互いにマスクを着用するなど十分注意してください。
  • 同居の方も含め感染が心配な場合には、無料検査をご活用ください。

5 ワクチンの追加接種をご検討ください

  • 接種券が届いたら、速やかにワクチンの追加接種についてご検討ください。
  • 特に高齢者や基礎疾患がある方は、1・2回目接種も含めて積極的にご検討ください。

旅行者の皆さまへのお願い

旅行でお越しになる方、迎える方双方の安心のため、次のことにご協力をお願いします。

  • イベント主催者などの事業者が実施する感染防止対策にご協力をお願いします。
    また、飲食の際は「信州の安心なお店」の利用を推奨します。
  • お住まいの都道府県等から出されている外出等に関する呼びかけを踏まえて対応してください。
  • 体調不良時は出かけないこと、人との距離の確保、マスクの正しい着用など「信州版 新たな旅のすすめ」をご確認いただき、実践してください。

新型コロナウイルス感染症に係わる差別や誹謗中傷は絶対にやめてください。
新型コロナウイルス感染症に係わる差別や誹謗中傷により苦しんでいる人がいます。また、誹謗中傷をおそれるあまりに受診をためらうことは、重症化のリスクを高めるほか、さらなる感染の拡大を招きかねません。さらに県外との往来が必要な方や、様々な理由によりワクチン接種を受けられない方もいます。
誰もが自分事として捉え、市民お一人おひとりが「思いやり」の心を持ち、「支えあい」の輪を広げ、みんなでこの危機を乗り越えていきましょう。

感染対策強化期間を終了し、引き続き感染警戒レベルに応じた対策を講じます[PDF:612KB]

感染急拡大を防ぐためのお願い(令和4年4月11日以降)[PDF:227KB]

県では、無症状で感染不安を感じる(感染が拡大している地域との往来をした等)県内在住の方に対し、無料検査を実施しています。

市内公共施設の取扱いについて

関連リンク

長野県ホームページ

お問い合わせ

保健医療推進係
TEL:0269-22-2111(368,388)
危機管理防災係
TEL:0269-22-2111(286)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

ページの先頭へ