新型コロナウイルス抗原簡易キット配布について

公開日 2021年9月14日

更新日 2021年9月14日

新型コロナウイルス感染症の感染を早期発見するためには、症状がある場合に速やかに医療機関を受診することが基本ですが、より一層の早期発見・感染拡大防止の対策を図るため、県の「抗原簡易キットを活用した陽性者の早期発見促進事業」に基づき、本市でも抗原簡易キットを配布します。

事業内容

1 目的

発熱などの症状がある際には、医療機関への受診をお願いしておりますが、軽症時などは受診に迷い、受診遅れとなる場合もあります。このような場面を想定し、少しでも体調が悪い場合に気軽に検査ができるよう、各家庭において抗原簡易キットを積極的に活用していただき、感染の早期発見、通勤や通学を控える等の行動変容、医療機関受診行動の促進を図ります。

2 配布対象者(次のいずれにも該当する方)

  • 中野市内に居住する方のうち、仕事や受験、出産、介護、帰省、冠婚葬祭等やむを得ない理由により県外との往来が必要で心配があり、配布を希望する方
  • 令和3年9月30日までに1回も新型コロナワクチンを接種する見込みのない方

3 抗原簡易キットの使用場面

微熱やのどの違和感などの軽微な症状がある等、医療機関受診に迷う場合
※明らかに風邪の症状や発熱等がある場合は、抗原簡易キットの使用に頼らず、速やかに医療機関に電話で相談した上で受診してください。
※新型コロナウイルス感染症の症状は個人差があり、その他にも、咳、息切れ、筋肉痛、頭痛、下痢、吐き気、嗅覚・味覚異常などの症状が出る場合もあります。
※無症状の場合は使用できません(感染していても結果が陰性となる可能性が高いため)。

4 抗原簡易キット配布の申込方法

抗原簡易キットの配布を希望する場合は、注意事項をお読みいただき、「抗原簡易キット申込書」を以下の方法で健康づくり課へ提出してください。

抗原簡易キット申込書[XLSX:18KB]抗原簡易キット申込書[PDF:237KB]

提出方法
窓口持参、郵送、電子メール、ながの電子申請サービス

抗原簡易キット申込書QRコード


ながの電子申請サービス
抗原簡易キット申込書
 

提出先
中野市役所2階 健康づくり課                

配布希望可能数
抗原簡易キットは、1人2個(同居家族(配布対象者に該当する方)の分も申し込む場合、同居家族数×2個)とします。
※配布対象者は、中野市内に居住する方であれば、必ずしも中野市内に住民票がある必要はありません。

申込期限
令和3年9月28日(火曜日)
※申し込みの時点で、既に発熱等の症状がある方への配布はできません。その場合は、速やかに医療機関等に相談の上、受診してください。
申込締切後、郵送で抗原簡易キット一式をお送りします。 申込多数の場合、抽選といたします。

5 抗原簡易キットの使用方法

  • 各自、家庭において、綿棒で鼻腔をぬぐって検体を採取し、配布する抗原簡易キットで検査を行います。
  • 抗原簡易キットの使用までの間は、反応カセットの入ったアルミ袋は開封せず、直射日光を避け、1~30度で保管してください。また、幼児の手の届かない場所に保管してください。
  • 使用にあたっては、必ず、抗原簡易キットと一緒にお渡しするチラシ「抗原簡易キットの使用方法」及びメーカーのホームページに掲載されている使用方法の動画を確認し、正しい方法で検体採取、検査を実施してください。
  • 自己採取が必要であるため、お子様(小学校3年生以下)に症状がある場合には抗原簡易キットは使用せず、速やかに医療機関等に電話で相談した上で受診してください。
  • 使用済みの抗原簡易キットは、ビニール袋に入れて「可燃ごみ」として処分してください。

6 注意事項

  • 今回配布する抗原簡易キットは、「新型コロナウイルス感染症の体外診断用医薬品(検査キット)」として厚生労働省が承認したもので、発症から9日目までは有用とされていますので、微熱やのどの違和感などの軽微な症状がある等、医療機関受診に迷う場合に使用してください。
  • 無症状の方は使用できません(感染していても結果が陰性となる可能性が高いため)。
  • 風邪の症状や発熱等がある場合は、抗原簡易キットの使用に頼らず、速やかに医療機関の電話でご相談の上、受診してください。
  • ウイルスの量が少ない場合や、鼻腔から採取した検体の粘度が高い場合、また検査の手順や手技が正しくない場合等には、偽陽性(実際は感染していないが陽性となる)や、偽陰性(実際は感染しているが陰性となる)が発生することがありますので、抗原簡易キットの結果のみで感染の有無を判断することはできません。
  • 陽性の場合は、かかりつけ医等地域の身近な医療機関に電話で相談した上で受診してください。受診する医療機関がわからない場合は、受診・相談センター(0269-67-0249)へ相談してください。
  • 陰性であっても、偽陰性の可能性を考慮し、検査当日は通勤・通学は控え、自宅での待機をお願いします。症状が続いたり強くなったりする場合は、速やかに医療機関を受診してください。なお、抗原簡易キットがもう1つある場合は、翌日に再度検査手順を確認して検査を実施してください。
  • 検査結果が得られなかった場合(判定不能等)、抗原簡易キットがもう1つある場合は再度検査をお願いします。再度の検査でも判定不能になった場合は、速やかに医療機関等に電話で相談した上で受診してください。
  • 簡易検査キットの使用はあくまで自主的判断であり、検査や結果によって生じた損害については自己責任で対処してください。
  • 法律に違反するおそれがありますので、抗原簡易キットを希望者本人以外の者に譲り渡したり(無償も含む)使用させたりしないでください。

7 使用実績の報告

検査を実施した場合、所定の「結果報告書」により、翌日(土日祝日の場合は翌開庁日)までに、健康づくり課へお持ちいただくか、電話、電子メールまたはながの電子申請サービスで報告をお願いします。

結果報告書[XLSX:64KB]結果報告書[PDF:117KB]

抗原簡易キット結果報告書QRコード


ながの電子申請サービス
抗原簡易キット報告書

お問い合わせ

保健医療推進係
TEL:0269-22-2111(368,388)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

ページの先頭へ