デルタ株を収束させるためのお願い(9月3日~12日)

公開日 2021年8月30日

更新日 2021年8月30日

全県の1週間当たり新規陽性者数はここ数日減少の兆しを見せていますが、感染力の強さや重症化しやすさが指摘されているデルタ株が広がる中で、確保病床使用率は50%前後で高止まっており、予断を許さない状況が続いています。全国的な感染状況も一時期の爆発的な新規陽性者の増加には歯止めがかかりつつあるものの、重症者数は連日過去最多を更新するなど極めて深刻な状況が続いています。
そのため、長野県は新型コロナウイルスの感染拡大を徹底的に食い止める観点から、全県の「特別警報Ⅱ」を延長して9月12日までとするとともに、9月3日から12日までを「命と暮らしを救う集中対策期間」としました。
県内の最近の感染事例(県外往来、学校・部活(スポーツ)、会食、職場・家庭等)を踏まえ、一部の事業者に過度に負担をかけるのではなく、社会全体で少しずつ負担を分かち合い、県民の皆様の力を広く結集して危機を乗り越えたいと考えております。
どうかご協力を賜りますようお願い申し上げます。

期間中は、特に次の行動にご協力ください。

  1. 大人数の集まりや人混みを避け、人と会う機会を普段の半分以下に
  2. 自宅等も含め、茶飲み話や普段会わない人との会食をしない
  3. 県境をまたいだ移動(旅行、帰省、出張など)を取りやめる
  4. 会話の際はマスクを着用し、室内・車内の換気を徹底する。
  5. 体調が悪い時には、すぐに医療機関に相談する。
  6. ワクチン接種について検討し、接種後も感染対策を徹底する。

県外との往来等を行わなければならない方、ワクチン接種を受けられない方などもいらっしゃいます。
差別や誹謗中傷ではなく、「思いやり」と「支え合い」の心で、「ご自身と大切なご家族の命を」を守り、「多くの方の命と暮らし」を救うための行動にご協力をお願いいたします。

令和3年8月30日 長野県知事 阿部 守一

デルタ株を収束させるためのお願い(9月3日~12日)[PDF:319KB]

「命と暮らしを救う集中対策期間」における対策の強化[PDF:787KB]

関連リンク

長野県ホームページ

「新型コロナウイルス感染症対策総合サイト」
「県内の発生状況」
「県内の圏域ごとの発生状況、他都道府県のモニタリング等」
COVID-19 Information (Foreign Language)

お問い合わせ

保健医療推進係
TEL:0269-22-2111(368,388)
危機管理防災係
TEL:0269-22-2111(286)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

ページの先頭へ