新型コロナワクチン接種について

公開日 2021年2月22日

更新日 2021年5月8日

新型コロナワクチンは、主に発症を防ぐ効果が認められているほか、医療機関の負担を減らすための重要な手段にもなります。
また、どんなワクチンでも副反応が起こる可能性がありますが、安全性の確保を最優先に、国において確認や情報提供が行われているところです。
中野市では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、市民の皆さまの生命と健康を守るため、新型コロナウイルスワクチン接種推進室を設置し、必要な体制の確保を進めています。

新型コロナワクチン接種についてよくある質問

Q1 ワクチン接種の流れを教えてください

A1 次のような流れを想定しています。

  1. 接種の時期にあわせて、市から「接種券」、「新型コロナワクチン接種のお知らせ」、「予診票」が届きます。
  2. 接種が可能な日時と接種会場をご確認ください。
  3. Web、LINE又は電話で予約をしてください。
  4. 「接種券」、「本人確認書類(運転免許証など)」、記入済みの「予診票」をご持参の上、予約した日時に接種会場へお越しください。
    ※会場に接種券、本人確認書類を忘れた場合には接種を円滑に実施することができませんのでご注意ください。

Q2 接種の優先順位はありますか

A2 次の順番で接種を受けていただく予定としています。

  1. 医療従事者等
  2. 高齢者(ワクチンの供給が段階的に行われるため、85歳以上の方から接種します。)
  3. 基礎疾患を有する方や高齢者施設等において利用者に直接接する職員
  4. 1,2,3以外の方

Q3 接種券はいつ届きますか

A3 今年度に85歳以上になる方へは令和3年4月15日に発送しました。今年度に65歳から84歳の方については5月中に発送を予定しています。それ以外の方への発送は決まりましたらお知らせします。

Q4 接種はどこでできますか

A4 集団接種は中野保健センター(中野保健センターが使用できない日は、閉校した豊井小学校)、医療機関では北信総合病院で接種が受けられます。

Q5 中野市に住民票がありますが市外で接種できますか

A5 長期入院、入所、基礎疾患のある方が主治医の下で接種を受ける場合などのやむを得ない事情があれば、住民票がなくても市外で接種できる場合がありますが、接種方法等詳しいことが分かりましたらお知らせします。

Q6 費用はかかりますか

A6 無料で接種できます。

Q7 基礎疾患とは何を指しますか

A7 次の範囲とされています。

  1. 次の病気や状態の方で、通院・入院している方
    ・慢性の呼吸器の病気
    ・慢性の心臓病(高血圧を含む。)
    ・慢性の腎臓病
    ・慢性の肝臓病(肝硬変等)
    ・インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
    ・血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
    ・免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む。)
    ・ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
    ・免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
    ・神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
    ・染色体異常
    ・重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害が重複した状態)
    ・睡眠時無呼吸症候群
    ・重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)
  2.  基準(BMI30以上)を満たす肥満の方

実施概要

対象者の範囲

原則、中野市に住所を有する方で、当面は、16歳以上の方が対象です。
なお、現在病気で療養中の方や、授乳中、妊娠中の方は、主治医にご相談ください。

接種順位

ワクチンは、徐々に供給が行われることになりますので、次の順番で接種を受けていただく予定としています。

  1. 医療従事者等
  2. 高齢者(85歳以上の方から接種)
  3. 基礎疾患を有する方や高齢者施設等において利用者に直接接する職員
  4. 1,2,3以外の方
    ※なお、高齢者(85歳以上)への接種の開始時期については、現在のところ未定となっており、5月初旬となる見込みです。

接種回数

2回の接種が必要です。通常1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けます。

接種費用

全額公費のため無料です。

接種会場

  • 集団接種:中野保健センター(中野保健センターが使用できない日は、閉校した豊井小学校で実施)
  • 医療機関で接種:北信総合病院

接種日程

・現在、日程が確定しているのは次のとおりです。
 5月(85歳以上1回目)[PDF:714KB]
 6月・7月[PDF:946KB]
・それ以降の日程につきましては、確定次第、掲載いたします。

キャンセル待ちの登録について

ワクチンを無駄にしないため、市の集団接種会場の当日キャンセル待ちの登録を受け付けます。

(条件)接種券をお持ちの方で、当日市から連絡があった場合、指定時間までに会場に来られる方
(登録)コールセンターへ連絡の上、氏名、生年月日、電話番号を登録してください。
(その他)当日連絡が取れなかった場合は、次の方へ連絡しますのでご承知おきください。

予約

密の回避、また、効率的な接種を行うため、事前予約制とします。
接種券番号が必要になりますので、お手元に接種券をご用意のうえ、次の方法により接種日時、会場を予約してください。

コールセンター(3月22日開設)

受付時間

  • 月曜日~金曜日(祝日、休日を除く)
  • 午前9時から午後5時まで

電話番号

0570-008-522

相談内容

中野市で実施するワクチン接種の手続等に関する一般的なお問い合わせやWeb予約などで予約ができない場合の予約を受け付けています。

その他

当コールセンターでは、専門的な相談は受けられません。副反応等の専門的な相談は、県の「ワクチン接種相談センター」(026-235-7380)で受けることができます。

接種までの流れ

  1. 接種の時期にあわせて、市から「接種券」、「新型コロナワクチン接種のお知らせ」、「予診票」が届きます。
  2. 接種が可能な日時と接種会場をご確認ください。
  3. Web、LINE又は電話で予約をしてください。
  4. 「接種券」、「本人確認書類(運転免許証など)」、記入済みの「予診票」をご持参の上、予約した日時に接種会場へお越しください。
    ※会場に接種券、本人確認書類を忘れた場合には接種を円滑に実施することができませんのでご注意ください。
    ※高齢者施設等に入所されている方は、各施設からの案内に従ってください。
    ※訪問診療、往診を受けている方へのワクチン接種の方法については、現在検討中です。

ワクチンの有効性・安全性について

日本で使用する新型コロナワクチンは、ファイザー社、モデルナ社、アストラゼネカ社の3社から供給を受けることについて合意をしています。これらのワクチンは、試験の結果、ワクチンを投与された人の方が、投与されていない人よりも、新型コロナウイルス感染症を発症した人が少なかったと発表されています。
一方、一般的にワクチン接種は、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること。)が極めて稀ではあるものの、なくすことができないものであり、新型コロナワクチンにおいても、接種部位の痛みや、頭痛・倦怠感・筋肉痛などが論文等で発表されているほか、海外の接種では、稀な頻度でアナフィラキシー(急性アレルギー反応)が発生したことも報告されています。
副反応による健康被害が起きた場合には、救済制度が設けられており、これらの新型コロナワクチンの接種についても、予防接種法に基づく救済を受けることができます。不安な方は、主治医にご相談ください。

知っていただきたいこと

ワクチンには、発症や重症化の予防効果が期待されている一方で、副反応が起こる可能性もあり、どちらも重要です。また、接種は任意であり、同意した場合にのみ接種が行われます。市民の皆さまに安心して接種していただけるよう、今後も市として情報提供に努めてまいります。
また、次の厚生労働省のホームページに、新型コロナワクチンに関する疑問についてのQ&Aが掲載されていますので、ご覧ください。

厚生労働省ホームページ「新型コロナウイルスワクチンについてのQ&A

ワクチン接種をかたる不審電話にご注意ください

新型コロナに係るワクチン接種のために必要とかたり、金銭や個人情報を騙しとろうとする電話に関する相談が、消費生活センターに寄せられています。
市が、ワクチン接種のために金銭や個人情報を電話で求めることはありませんのでご注意ください。

お問い合わせ

推進係
TEL:0269-22-2111(241)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

ページの先頭へ