感染者が多数発生している地域との往来に当たってはご注意ください【宮城県、福島県を追加、神奈川県に関する呼びかけを変更、愛知県を除外】

公開日 2020年10月12日

更新日 2020年10月12日

 新型コロナウイルス感染症の直近1週間の人口10 万人当たりの新規感染者数が5.0人を上回っている都県(神奈川県を除外)との往来については、往来の必要性を改めて検討した上で慎重に判断し、往来する場合にあっては慎重な行動をするよう長野県から発表されています。
 また、2.5人を上回っている道府県(宮城県、福島県を追加、神奈川県に関する呼びかけを変更、愛知県を除外)への往来に当たっても、感染防止策を徹底し、慎重な行動をしてください。

往来の必要性について改めて検討を!

東京都、沖縄県

往来する場合は慎重な行動を!

北海道、宮城県、福島県、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府、広島県、熊本県

往来する場合には、次のとおり対応をお願いします。

  • 業種別ガイドラインを遵守していない接待を伴う飲食店等クラスター発生のおそれのある場所への訪問を控える
  • 感染防止の3つの基本(身体的距離の確保、人混みの中でのマスク着用、手洗い・手指の消毒)など、基本的な感染防止策を徹底する
  • 当該地域から戻った後も自らの健康観察を行う

 当該地域に居住する方々や当該地域と行き来されている方々に対して、不当な差別的取り扱い等を行わないようお願いします。

関連リンク

長野県ホームページ「新型コロナウイルス感染症対策総合サイト
         「県内の発生状況
         「県内の圏域ごとの発生状況、他都道府県のモニタリング等」 

お問い合わせ

危機管理防災係
TEL:0269-22-2111(286)
保健医療推進係
TEL:0269-22-2111(368,388)

ページの先頭へ