新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」における熱中症予防

公開日 2020年6月12日

更新日 2020年6月12日

 新型コロナウイルスの出現に伴い、感染防止の3つの基本である(1)身体的距離の確保、(2)マスクの着用、(3)手洗いや、「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の新しい生活様式の実践が求められています。
 このような「新しい生活様式」における熱中症予防のポイントがあります。 

熱中症予防のポイント

暑さを避けましょう

  • エアコンを利用する等、部屋の温度を調整する。
  • 感染症予防のため、換気扇や窓開放によって換気を確保しつつ、エアコンの温度設定をこまめに調整する。
  • 暑い日や時間帯は無理をしない。
  • 涼しい服装にする。
  • 急に暑くなった日等は特に注意する。

適宜マスクをはずしましょう

  • 気温・湿度の高い中でのマスク着用は要注意。
  • 屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクをはずす。
  • マスクを着用している時は、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとった上で、適宜マスクをはずして休憩をとる。

こまめに水分補給しましょう

  • のどが渇く前に水分補給する。
  • 1日あたり1.2リットルを目安に補給する。

日頃から健康管理をしましょう

  • 日頃から体温測定、健康チェックを行う。
  • 体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養する。

暑さに備えた体作りをしましょう

  • 暑くなり始めの時期から適度に運動をする。
  • 水分補給は忘れずに、無理のない範囲で行う。
  • 「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度行う。
  • 3食バランスの取れた食事をとる。
  • 快適な環境でよく睡眠をとる。

※高齢者、子ども、障がい者の方々は、熱中症になりやすいので十分に注意しましょう。3密(密集、密接、密閉)を避けつつ、周囲の方からも積極的な声かけをお願いします。

熱中症予防行動リーフレット[PDF:778KB]

熱中症の症状

 代表的な症状はめまい、立ちくらみ、筋肉痛、大量の発汗です。さらに進むと頭痛、吐き気、倦怠感が現れ、重症になると意識障害、けいれん、高体温が出現します。

熱中症を疑ったら

 まず、現場での応急処置が大切です

1.涼しい場所へ避難

 風通しのよい日陰や涼しい室内へ避難させましょう。

2.脱衣と冷却

 衣服を脱がせ、体からの熱の放散を助けます。露出させた皮膚に濡らしたタオルやハンカチをあて、うちわや扇風機などであおぎ体を冷やします。
 自動販売機やコンビニで、冷やした水のペットボトル、ビニール袋入りのかち割氷、氷のう等を手に入れ、それを首の付け根の両脇、脇の下、大腿の付け根の前面、股関節部に当てて、皮膚直下を流れている血液を冷やすことも有効です。
 体温の冷却はできるだけ早くに行います。救急隊を要請したとしても、到着前から冷却をしましょう。

3.水分・塩分の補給

 意識がはっきりしていれば、冷たい水を持たせて、自分で飲んでもらいます。塩分も適切に補えるスポーツドリンクや食塩水(水1リットルに1~2グラムの食塩)も有効です。

4.医療機関へ運ぶ(意識がない時等)

関連情報

環境省

気象庁

厚生労働省

消防庁

お問い合わせ

健康管理係
TEL:0269-22-2111(242,387)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

ページの先頭へ