池田市長のわくわくレポート(2020年5月号掲載)

公開日 2020年5月5日

更新日 2020年5月5日

 

新型コロナウイルスから身を守る

新型コロナウイルスの感染拡大が続いている。人間には本来免疫機能が備わっており、外部からのウイルスなどの侵入に対して防御体制がある。今回のコロナウイルスについては未知のものであり、その性質などがよくわかっていない中での、感染拡大となった。

感染を拡げない為には、三つの「密」を避けるということが効果的であるとのこと。つまり「密閉空間」「密集場所」「密接場面」を避ける、そうした機会をつくらないことが感染拡大を防ぐ。

ところで、聞くところによれば8割程の人は感染しても軽度の症状または無症状とのことである。こうした傾向には年齢差があるとのことであるが、個々人の健康度合いにもよるところが多いと考えられる。基礎疾患がなく、免疫力のある感染症に強い身体を普段からつくっていることは、大切なことである。それには、適度な運動、バランスの取れた食生活、睡眠、生活習慣の改善など、日々の取り組みの積み重ねが必要だ。

手洗い、うがいは勿論のこと、衛生管理をしっかりして、健康な身体づくりに留意することが大切だ。幸い、中野市には身体づくりに必要な食材が豊富にある。中でも、きのこは免疫力を高める食材として、かねてより知られている。免疫力を高める食材には納豆やヨーグルトなど発酵食品があげられるが、共通するところは菌食である。私たちに身近なきのこをはじめとした身体に良い食材をとりながら、皆さんと支え合い、この難局を乗り越えたいと思う。

お問い合わせ

秘書広報係
TEL:0269-22-2111 (212,400)

ページの先頭へ