職員の時差出勤及び土日勤務など新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組みについて

公開日 2020年4月21日

更新日 2020年5月26日

新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組みとして、職員の接触機会の低減を図るため、本庁舎及び豊田支所において、2020年4月22日(水)から5月31日(日)までの間、職員の時差出勤及び土日勤務などを実施します。

開庁日(平日)・開庁時間(午前8時30分から午後5時15分)に変更はありませんが、実施期間中は、勤務している職員が少なくなることにより、窓口・電話応対等でお待たせするなど、ご不便をお掛けする場合もございますが、市民の皆様には、感染拡大防止のための措置であることのご理解とご協力をお願い申し上げます。

時差出勤

各所属の業務内容及び人員配置等を考慮して、職員の勤務時間を早出勤務(午前7時から午後3時45分)、通常勤務(午前8時30分から午後5時15分)、遅出勤務(午前10時15分から午後7時)の3パターンに設定し、密になる時間を抑制し、感染リスクの低減を図ります。

土日勤務など

各所属の業務内容及び人員配置等を考慮して、職員が勤務する日を平日から土曜日又は日曜日に振り替え、勤務日を分散させることで感染リスクの低減を図ります。また、年次休暇取得による出勤抑制を促し、密となる勤務日を抑制します。

実施期間

2020年4月22日(水曜日)から5月31日(日曜日)まで

※実施期間終了後も職場内の密を解消するため、職員の年次休暇等の取得促進及びフリーワーキングスペースでの執務は継続します。

※ほかの出先機関においても、各施設の状況に応じ、本庁舎に準じた取り組みを行います。

お問い合わせ

職員係
TEL:0269-22-2111(209,213)

ページの先頭へ