新型コロナウイルス感染症の感染が拡大している地域への往来について

公開日 2020年3月27日

更新日 2020年3月30日

 阿部県知事が、26日、県民に対し「今週末は感染が拡大している地域への往来を極力控えるようお願いしたい。」と呼びかけられましたが、依然として都道府県によっては感染者の増加がみられることから、当面、そのような地域との不要不急の往来を控えていただくようお願いいたします。
 また、年度末・年度始めは、進学・就職など、若い世代を中心に人の往来が大変多い時期です。感染拡大防止のため、「密閉空間」、「密集場所」、「密接場面」の3つの「密」が重なるような集まりは避けていただくとともに、発熱等の風邪症状がある場合には、外出を控えていただくよう改めてお願いいたします。やむを得ず出かける場合は感染予防策の徹底をお願いいたします。

密を避けて外出しましょう!

  1. 換気の悪い密閉空間
  2. 多数が集まる密集場所
  3. 間近で会話や発声をする密接場面

   密を避けて外出しましょう![PDF:1MB]

感染しないようにするために

  • 手洗い、手指の消毒
    石けんやアルコール消毒液などによる手洗いや手指の消毒をこまめに行ってください。混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では、マスクを着用することも予防策になります。
  • 普段の健康管理
    普段から十分な睡眠をとり、バランスのよい食事を心掛け、免疫力を高めておきます。
  • 適度な湿度を保つ
    空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では加湿器などを使って適切な湿度(50~60パーセント)を保ちます。
    手洗いリーフレット[PDF:886KB]

他の人にうつさないために

 咳やくしゃみなどの症状がある人は、マスクを着用するか、ティッシュ・ハンカチ・袖を使って口や鼻をおさえる「咳エチケット」を必ず行ってください。
 発熱などの風邪症状がある人は、出勤・通学を含めて外出を控えてください。
 咳エチケットリーフレット[PDF:914KB]

特に気をつけてほしい人

 高齢者や糖尿病・心不全・呼吸器疾患などの基礎疾患がある人は重症化しやすいため、できるだけ人混みに出かけないよう特に気をつけてください。
 また、妊婦の人は重症化しやすい人と同様に注意してください。

医療機関を受診する前に

 次のような場合は、医療機関を受診する前に必ず「有症状者相談窓口」へ電話でご相談ください。症状に応じた支援を行います。

  • 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている人(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます。)
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある人
    ※高齢者、糖尿病・心不全・呼吸器疾患などの基礎疾患がある人は上記の症状が2日以上続く場合、ご相談ください。また、妊婦の人は早めにご相談ください。
  • 風邪の症状や発熱があり、新型コロナウイルス感染症の発生している国や地域から帰国・入国した人、またはそれらの人との濃厚接触の可能性がある人

 新型コロナウイルス感染症に関する一般的なご相談については、「一般相談窓口」でお受けしています。

有症状者相談窓口

 北信保健福祉事務所(北信保健所)
 電話番号 0269-62-6104(24時間、土日、祝日対応)

一般相談窓口

 県庁保健・疾病対策課
 電話番号 026-235-7277または026-235-7278

関連リンク

長野県ホームページ「新型コロナウイルス感染症対策について」
厚生労働省「新型コロナウイルス感染症について」
国立感染症研究所「コロナウイルスに関連する解説及び中国湖北省武漢市等で報告されている新型コロナウイルス関連肺炎に関連する情報」
厚生労働省検疫所 FORTH「海外感染症発生情報」
外務省海外安全ホームページ
首相官邸「感染症対策特集~様々な感染症から身を守りましょう~」
    「新型コロナウイルス感染症に備えて~一人ひとりができる対策を知っておこう~」

 

お問い合わせ

保健医療推進係
TEL:0269-22-2111(368,388)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

ページの先頭へ