放課後児童クラブにおいて利用児童等に新型コロナウィルス感染症が発生した場合に対応について

公開日 2020年4月30日

更新日 2020年5月7日

放課後児童クラブにおいて利用児童等に新型コロナウィルス感染症が発生した場合の対応について

市内の放課後児童クラブで新型コロナウィルス感染症が発生した場合は、2020年4月7日付けで厚生労働省より示された「緊急事態宣言後の保育所等の対応について」及び2020年4月20日付けで長野県県民文化部こども・家庭課長より示された「新型コロナウィルス感染拡大防止に関する保育所等における対応Q&A(2020年4月20日時点)について」に基づき次のとおり対応いたします。

利用児童(職員)が感染者となった場合

該当する放課後児童クラブは臨時休所とします。

再開の時期については、施設の消毒をを行ったうえで、感染者・濃厚接触者の数や支援員の確保、地域の感染状況等総合的に判断して決定します。

利用児童(職員)が濃厚接触者となった場合

当該児童(職員)は感染者と最後に濃厚接触をした日から起算して2週間は通所を避けてください

保健所の指導により施設の消毒が必要な場合は、臨時休所とします。休所の期間は保健所等と協議のうえ判断します。

利用児童(職員)の同居家族が濃厚接触者として特定された場合

当該児童(職員)は、濃厚接触者である同居家族の健康観察期間が終了するまで通所(出勤)を控えてください

児童クラブに感染者はいないが、市内において感染者が確認された場合

感染拡大防止のため、ご家庭での生活が可能な場合は、利用を控えていただくようお願いします

感染の状況により、児童クラブの一部または全部を臨時休所する場合があります

お問い合わせ

青少年未来係
TEL:0269-22-2111(357)

ページの先頭へ