建設工事に係る現場代理人の兼任に係る取扱いについて

公開日 2019年12月12日

更新日 2019年12月11日

台風第19号に伴う災害復旧事業により工事発注件数の大幅な増加が見込まれることから、建設工事に係る現場代理人の兼任に係る取扱いを下記のとおりとします。

(1)兼任可能な工事の数を「3件」から「5件(既発注工事を含む)」までとします。

(2)工事の請負金額を「3500万円未満」から「金額の制限なし」とします。

(3)連絡員の要件を「元請又は下請の社員を問わない」ものとします。

なお、今回の変更に係る取扱いについては、令和4年3月の公告案件までの限定運用となります。

(お知らせ)現場代理人の常駐義務の緩和について(~令和4年3月限定運用)[PDF:86KB]

中野市現場代理人の常駐義務の緩和に関する取扱要領[DOC:35KB]

様式 現場代理人兼任届(様式第1号)[DOC:59KB] 

   (※請負金額500万円未満の案件については、提出不要です。)

   連絡員配置届(様式第2号)[DOC:34KB]

お問い合わせ

管財係
TEL:0269-22-2111(222)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

ページの先頭へ