水害時の衛生対策と消毒方法及び清掃時の注意点について

公開日 2019年10月13日

更新日 2019年10月18日

台風や集中豪雨などにより、家屋等が浸水した場合、洗浄や消毒が必要になる場合があります。

消石灰について

これまで市では、消石灰の配布を行ってきましたが、全国的には消石灰による健康被害が出ているとの報告もあり、厚生労働省では、床下や庭などの屋外への消毒は原則不要との見解を示していることから、市では原則として消石灰の配布を行っておりません

消毒薬の配布について

衛生対策や消毒方法については、下記添付のPDFファイルのとおり厚生労働省から示されており、家屋の感染症対策に必要な消毒薬を、床上浸水被害のあった地区(小沼区、立ヶ花区、栗林区、上今井区、笠倉区)の区長に配布しました。消毒薬が必要な当該地区の方は、各区長へお問い合わせください。

清掃時の注意点について

  • ドアを開けて、しっかり換気
  • 汚泥は取り除き、しっかり乾燥(消毒薬は、汚れを取り除いた上で使用しましょう。)
  • 清掃中のけが予防に手袋を装着
  • ほこりを吸わないようにマスクを着用
  • 清掃が終わったらしっかり手洗い
  • 清掃中に心身に異常を感じた場合には、無理をせずに適度な休息や水分補給するなどし、体調管理には十分留意してください。

※ 被災した家屋での感染症対策について、詳しくは厚生労働省ホームページ「被災した家屋での感染症対策」をご確認ください。

お問い合わせ

保健医療推進係
TEL:0269-22-2111(368,388)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

ページの先頭へ