池田市長のわくわくレポート(2019年8月号掲載)

公開日 2019年8月5日

更新日 2019年8月5日

 

安心・安全を創る土木人

新平岡保育園起工式

 私たちは豊かな自然の中に、生活空間を整備し暮らしている。自然を構成するのは曲線で、人口空間は直線で仕切られている。私たちが安全と感じるのは、さまざまな人の考えや、手を通して形作られている。都市空間は人の思考により創られたものであり、安全・安心を感じるのは、ある意味そうしたことにかかわる人が作り上げた思考の中にあるからこそ安心を感じるものなのだ、というような話を聞いたことがある。
 いずれにしても、豊かな自然だけでは私たちの生活は営めない。荒ぶる河川を整備し、橋を架け、安全な道路をつくり、水道、下水、電気などのインフラを整備する中で、安心した生活が営める。こうした都市空間を基礎から支えているのが、建設土木工事に携わる皆さんである。
 昨今では、人口減少下にあって、技術を必要とする仕事に従事する人が少なくなってきている。災害などの緊急時にこうした職人・技術者の存在は大切である。地域が常に安全で安心であるためにも、地域に根付いて、地域を支えてくれる人材の確保は今後、ますます重要になってくる。
 人口が減っても、暮らしやすい生活環境を保持するためにも、地域の若い人たちが、職業選択し挑戦し、活躍できる地域づくりに向けて、意識して取り組まなければならないと思っている。

お問い合わせ

秘書広報係
TEL:0269-22-2111 (212,400)

ページの先頭へ