中野市農村環境改善センター帯の瀬ハイツ使用料改定のお知らせ

公開日 2019年7月1日

更新日 2019年7月16日

平成31年(2019年)2月に策定した「受益者負担の適正化に関する指針」に基づき、市内公共施設の使用料を統一的に見直し、消費税率の引き上げが予定されている令和元年(2019年)10月1日より当施設の使用料も改定いたしますのでお知らせします。

また、使用料の改定に併せて、減免基準の見直しも行いましたのでお知らせします。

施設名称

中野市東山1307番地1 中野市農村環境改善センター帯の瀬ハイツ

令和元年(2019年)9月30日までの使用料

使用区分

種別

午前

(午前9時~正午)

午後

(午後1時~5時)

夜間

(午後6時~10時)

9月30日までの使用料
和室会議室 750円 750円 900円
和室小会議室 450円 450円 600円
小会議室 300円 300円 450円
生活研修室 750円 750円 900円
調理実習室 750円 750円 900円
多目的ホール 3,000円 3,000円 3,750円
個人 一回につき300円 一回につき300円 一回につき300円

令和元年(2019年)10月1日からの使用料

改定後の使用料は、当施設の維持管理コストと利用実態などに応じて算定しています。

使用区分

種別

午前

(午前9時~正午)

午後

(午後1時~5時)

夜間

(午後6時~10時)

10月1日からの使用料
和室会議室 1,120円 1,120円 1,350円
和室小会議室 670円 670円 900円
小会議室 450円 450円 670円
生活研修室 1,120円 1,120円 1,350円
調理実習室 1,120円 1,120円 1,350円
多目的ホール 4,500円 4,500円 5,620円

減免の見直しについて

使用料の減免は、使用申込みと同時に減免申請書を提出してください。

減免率100%(免除)の場合

減免率 100/100
一覧表
市の機関が主催又は共催する事業で使用するとき。
市内の一定の区域に住所を有する者の地縁に基づいて形成された団体が地域振興の目的で使用するとき。
指定管理者が施設の管理運営業務又は施設の目的に沿った自主事業で使用するとき。
市内に所在する公共的団体等又は非営利活動団体(当該団体の構成員の全てが市内に住所を有し、かつ、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳又は療育手帳の交付を受けている者である場合に限る。)が、障がい福祉目的で使用するとき。
市内に所在する公共的団体等又は非営利活動団体(当該団体の構成員の全てが市内に住所を有する70歳以上の者である場合に限る。)が、高齢者福祉目的で使用するとき。
市内に所在する保育所、幼稚園、小学校、中学校又は高等学校が保育又は教育の目的で使用するとき。
教育委員会が認定する社会教育関係団体が、生涯学習、文化芸術、スポーツ等の社会教育活動で使用するとき。

減免率50%(減額)の場合

減免率 50/100
一覧表
市の機関が後援する事業で使用するとき。
他の地方公共団体が使用するとき。
市内に所在する公共的団体等又は非営利活動団体(当該団体の構成員の100分の50以上が市内に住所を有し、かつ、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳又は療育手帳の交付を受けている者である場合に限る。)が、障がい福祉目的で使用するとき。
市内に所在する公共的団体等又は非営利活動団体(当該団体の構成員の100分の50以上が市内に住所を有する70歳以上の者である場合に限る。)が、高齢者福祉目的で使用するとき。
市内に所在する公共的団体等又は非営利活動団体(当該団体の構成員の100分の50以上が市内に住所を有する高校生以下の者である場合に限る。)が、教育・学習目的で使用するとき。
市内に所在する公共的団体等又は非営利活動団体(当該団体の構成員の100分の50以上が市内に住所を有する者である場合に限る。)が、生涯学習、文化芸術又はスポーツ振興目的で使用するとき。

減免基準の施行日

上記減免基準は、令和元年(2019年)10月1日の使用料改定に併せて施行します。

使用申込み・減免申請先について

中野市農村環境改善センター帯の瀬ハイツ

TEL:0269-22-6210

 

お問い合わせ

農政係
TEL:0269-22-2111(250)

ページの先頭へ