令和元年6月定例市議会 市長あいさつ

公開日 2019年6月4日

更新日 2019年6月4日

 本日ここに、令和元年6月市議会定例会を招集いたしましたところ、ご出席をいただきましてありがとうございます。
 今議会は、新たな時代「令和」となって、初の定例会であります。
 引き続き、「住みよさで選ばれるまち」を目指し、市政運営に全力を尽くす所存であります。
 議員各位におかれましても、引き続き市政発展のため、ご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
 さて、先月25日から始まった「信州なかのバラまつり」は、今月9日までの16日間にわたり開催しております。
 一本木公園では見ごろのバラが来園者をお迎えしておりますので、大勢の皆様にお出掛けいただきたいと考えております。
 さて、本年10月に予定されている消費税・地方消費税率の10パーセントへの引上げが、低所得者及び子育て世帯の消費に与える影響を緩和するとともに、地域における消費を喚起、下支えすることを目的に、市では、国の実施要領に基づきプレミアム付商品券事業を行うこととしております。
 事業の概要につきましては、広報なかの及び公式ホームページでお知らせするほか、対象と思われる方に直接ご通知いたします。
 また、プレミアム付商品券を取り扱う事業者の募集も行いますので、より多くの事業者に参加していただきたいと考えております。
 市民の足として長電バス株式会社が運行している路線バスのうち、中野木島線及び永田線につきまして、10月から減便となる予定であります。
 市としましては、今後、減便の内容について沿線の皆様を中心に周知して参ります。
 利用者の皆様を始め、市民の皆様にはご不便をおかけすることとなりますが、ご理解とご協力をいただくとともに、今後も、公共交通の維持のため積極的なご利用をお願いいたします。
 さて、市民の皆様の健康づくりを応援するため、本年度新たに健康づくりポイント事業を開始しました。
 各種健診の受診やウォーキングバーチャルの旅、個人で習慣的に実施している運動等にポイントを付与するもので、健康づくりへの意識向上、生活習慣の改善等のため、多くの市民の皆様にご参加いただきたいと考えております。
 さて、公立保育所の保育士確保が間に合わず、保育所の入所を保留しておりますが、4月1日時点で、33人が待機児童となりました。
 その内の13人について、受入れ体制が整った保育所に、今月以降、入所いただく予定であります。
 引き続き、保育士確保に努め、待機児童の解消を図って参ります。
 さて、今年で4回目となります「信州なかの音楽祭2019」でありますが、プログラムの一つとして、11月4日に、岩河智子編作オペラ「中山晋平物語カチューシャの唄」が、市民会館ホールで開催されます。
 このオペラは、作曲家岩河智子先生の編作による、歌と室内楽で描く音楽劇であり、一線で活躍しているプロの音楽家と地域の皆様とで舞台を創り上げ、発表公演を行うものであります。
 市内外から約60人の方が参加されており、すでに、4月27日から練習を開始しております。
 市民が主体となり運営する本市最大の音楽イベントであり、今から楽しみにしております。
 さて、本年4月から「地域おこし協力隊員」が1人増え、現在5人で活動をしております。
 新たな隊員の主な任務は、「中山間地域での果樹振興」に加え、「有害鳥獣駆除業務」にも取り組んでおります。
 5人の協力隊員には外部からの視点をいかして、本市の魅力を発信するとともに、市民と積極的に交流することで、地域が活性化することを大いに期待しております。
 また、隊員がプロデュースした「信州なかの農業・農村暮らし体感ツアー」を6月8日に開催することで募集したところ、多くの皆様に参加いただくことになっております。
 本ツアーにより、交流人口の増加や就農・移住に繋がることを大いに期待しております。
 農作物の生育状況につきましては、4月28日と5月8日の凍霜害により、野菜はアスパラガスとズッキーニで、果樹は、りんごと梨で一部被害が確認されました。
 被害を受けた生産者の皆様に、改めてお見舞いを申し上げます。
 また、昨年度の、きのこの価格が低迷したことに対するきのこ生産者の負担軽減の要請書を5月28日に受けたところであり、今後、関係機関と調整しながら、対応を検討して参りたいと考えております。
 さて、市では、本市の知名度向上による市内産農畜産物等の消費拡大を図るため、生産者や各種事業者とともに「信州なかの」ブランドの定着を今年度も進めております。
 今回が3回目となる「信州なかのナイター」を8月25日日曜日に明治神宮球場で開催するほか、全国で開催される各種イベントへ事業者を派遣し、産地PRを実施いたします。
 また、市内では、生産者及び事業者の連携により、地域資源を活用した各種体験や豊富な農畜産物等を 食する機会を融合したメニューを旅行商品化し、消費者を生産地まで誘客するシステムの構築を図って参ります。
 さて、人材確保対策として昨年度から開催している市内の高等学校に通う生徒の保護者を対象とした「地元企業巡り」を本年度も開催し、市内企業への就職を促すほか、女性のための就職支援事業や身体障がい者を対象とした職業訓練により、雇用対策を進めて参ります。
 さて、本市出身の中山晋平が作曲した「カチューシャの唄」が縁で、島根県浜田市、新潟県糸魚川市、長野市及び中野市の4市で知音都市交流を行っております。
 本年で30周年を迎えることから、4市の関係団体で組織する実行委員会が主催し、7月20日土曜日に本市において「知音都市交流30周年記念祭」を開催します。
 この記念祭では、「日本のうた、中野のうたコンサート」と題し、本市出身の久石譲さんや娘の麻衣さんの曲を中心に、声楽家の青山恵子さんによるコンサートのほか、本市の晋平少年少女合唱団、糸魚川市、長野市の少年少女合唱団の発表、また、浜田市からは「石見神楽」が、市民会館で披露される予定になっております。
 さて、乳幼児、児童・生徒の熱中症予防など、健康面の配慮と学習への快適な環境整備を目的に、保育所や放課後児童クラブの諸室と小・中学校の普通教室などへのエアコン設置を進めた結果、保育所、放課後児童クラブ及び全小・中学校への設置を終えております。
 また、エアコンの適切な使用のためのマニュアルを作成し、熱中症予防等に努めて参ります。
 今後も、未来を担う子どもたちの環境の充実を図って参りたいと考えております。
 本日、提案いたします議案は、条例の専決処分の報告3件、条例案15件、補正予算案3件の合計21件であります。
 よろしくご審議をいただきますようお願いを申し上げ、ごあいさつとさせていただきます。

お問い合わせ

秘書広報係
TEL:0269-22-2111 (212,400)

ページの先頭へ